« ムーンライトながら・ムーンライトえちご廃止 | トップページ | ソロスは警告する »

2009/03/02

シンプルに考えると

今回の世界不況を単純な景気循環のひとつととらえる向きもあって、特にエコノミストと呼ばれる人たちに顕著という気がします。しかし、今回の世界不況は単純な景気循環ではなく、もう少し大きなスパンで動く景気の波が崩れたのだと言い切ることができます。まだまだ問題は終わらない。なぜなら今回の世界不況はアメリカの住宅価格の下落によって、銀行が手数料欲しさに押し貸ししていた人たち(本来は住宅ローンを組めない・・・サブプライムといわれるゆえん)が、返済できなくなったことが引き金だからですが、その返済金や利息を受け取る権利が様々な形で証券化され、どこにリスクが潜んでいるか分からなくなっていることが問題を複雑にしています。手持ちの証券化商品を抱えた金融機関が評価損を計上するたびに赤字が増えて、公的資金で支えられるという事態になっていますが、日本のバブル崩壊と同様、問題の出発点であるアメリカの住宅価格が下げ止まらない以上損失がどこまで出るかは現段階で確定していないのです。そして銀行が赤字になったために多くの投資家に資金が回らず新興国から資金が引き上げられ、そうした地域の株や不動産などの資産価値も下げている最中。これも損失が確定していない。だから金融機関を支えても支えても、不良資産が次々出てきて実体経済にお金が回らない構図です。アメリカの住宅価格が下げ止まらない限り危機はまだまだ続くと考えるのが自然でしょう。難しい指標分析などしなくても分かるシンプルなことです。エコノミストにしろ経済学者にしろ後付でしか理由を説明できないことが分かって最近これらの人たちの解説を読むのがうんざりです。

|

« ムーンライトながら・ムーンライトえちご廃止 | トップページ | ソロスは警告する »

経済」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ムーンライトながら・ムーンライトえちご廃止 | トップページ | ソロスは警告する »