« 子どもと同じ | トップページ | 常識を裏切る発想で生き延びよう »

2009/03/19

ハトと同じぜい肉体質

インドを見た自分にはひどく見えるのが日本の車。デザインや付属品に凝りすぎてシンプルに走る車は皆無と言って良い。トヨタ自動車がこの金融危機で失速したのが自分には至極当然に思えます。しっかり走って燃費の良い車がインドを制するし、ゆくゆくは世界を制するでしょう。実際インドでバグドグラ空港からガントクまでの4時間タタ製の小型車を使ったタクシーに乗りましたが悪路でもすいすい走って想像したよりはずっと快適でした。この車だったら買っても良いと思ったくらいです。

インドの大都会にも鳩がたくさんいますが、日本のハトに比べてとてもスマート。日本は鳩も機械も人間もみんなメタボだと思います。基本性能(人間なら学歴よりも生活力、生き延びる力と自分で考える力)さえしっかりしていれば、他の物はスパッと削ぎ落とした方がいい。

インドではタタモーターの2000ドルカー(20万円の普通自動車)に続き、20ドル(2000円)パソコンが登場したそうです。これも余計な昨日やソフトを徹底して削ぎ落としたもの。日本にだってこういう物を待っている人がたくさんいるのです。

|

« 子どもと同じ | トップページ | 常識を裏切る発想で生き延びよう »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 子どもと同じ | トップページ | 常識を裏切る発想で生き延びよう »