« 英語の海が恋しい | トップページ | ハトと同じぜい肉体質 »

2009/03/18

子どもと同じ

先ほど留学したいというような事を書きましたが、あれから体調が急降下しました。見果てぬ夢を見る時は焦りに似た感情が裏に流れているようです。特にできた頃と比較するのは危ない。結局デイケアに電話して気持ちを受けとめてもらって一息つくことができました。

手元の「夜回り先生の子育て論」という本をパラパラめくったら、親に受けとめてもらえない子ども達の薬物や麻薬依存の事が触れられていました。3年前の本ですが、今日のラジオニュースによると、早稲田大学の学生の半数には、欲しいと思えば手にはいる麻薬環境があり、実際友人知人に使っている人がいる学生が一割近くいたそうです。これは割と最近の傾向で、悪化の一途をたどっています。薬の売人が明確に若者を狙っているのです。その背景に空疎な家族関係や友人関係があります。

受けとめてくれる人、場所がないと空回りする自分は子ども達と同じだなぁと思ってしまいました。

|

« 英語の海が恋しい | トップページ | ハトと同じぜい肉体質 »

うつ病」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 英語の海が恋しい | トップページ | ハトと同じぜい肉体質 »