« 続たくさんのびっくり | トップページ | 不調の年の瀬 »

2008/12/25

過労と無職の間

今日の日経夕刊にこんなつぶやきが載っています。経済の急減速で、大量の失業者が出ているのとはうらはらに、ほとんど休みが取れず働き詰めの人達がいる。そんなに仕事があるなら上手に分けあえないものか、という素朴な疑問です。

多分これを書いた人も薄々気がついてはいると思うのです。休みも取れず働き詰めの人達が、正規の残業手当てをもらっているわけではなくほとんどサービス残業、サービス出勤であること。全く同じ仕事であっても正社員と非正社員で時給換算の賃金が違う理由はここにあるでしょう。正社員は会社が厳しい環境にある時は経営者と同じようにガマンして頑張るのが、言わば不文律でしょう。

こんなのおかしい。経営者と労働者では担っている仕事内容が全く違うのだから。それをあたかも同一のように見せかけたのがいわゆる「名ばかり管理職」問題だったと思います。

以前「値上がりしない不思議」という記事を書きました。石油を始め資源や原材料費が高騰しているのに不思議なくらい消費者物価が上がらなかったこと。企業努力というけれど、経営者が本質的に仕組みを改善するのではなく、働く人達に責任を丸投げしてしまう風土がこの国にはあります。高度経済成長期なら、頑張れば頑張った分だけ給料も上がったけれど、今は頑張ってもそう簡単に成果としては出ないです。でも経営者や本当の意味でのマネジメント職が現場を知らないので、無理を強いる事が多い。無駄な作業も多い。無駄にしている資源も多い。無駄遣いと思いがちなところが実は重要で、逆に思いもしなかったことが実は大きな無駄遣いだったということがあります。その見極めはコロンブスの卵的発想の転換が必要。

今のこの不況をバネにして価値観の転換をしていけたら良いのにと思います。

|

« 続たくさんのびっくり | トップページ | 不調の年の瀬 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 続たくさんのびっくり | トップページ | 不調の年の瀬 »