« 家族という闇 | トップページ | パフォーマンスとしての舛添激怒 »

2008/10/24

スーパーの値段

スーパーの値段
デパート各社の紳士服セールが真っ盛りです。写真は大丸が電車に出している広告ですが、この値段は自分がスーパーに勤めていた時の特売価格です。デパートと言えどもこんな値段じゃないと売れなくなりました。さらにこの10月は暑いくらいの気候なので秋物衣料は不振でしょう。ユニクロの紳士もの品揃えでメインの一つがカシミヤセーターですが、買いますか?セーターなんか。先ほど床屋によったら、隣の椅子にいたスーツ姿のビジネスマンが中に半袖ワイシャツを着ていました。株価も釣瓶落としで、企業のリストラはこれから。冬のボーナスは冴えないでしょうから歳末商戦も極めて売れないでしょう。

|

« 家族という闇 | トップページ | パフォーマンスとしての舛添激怒 »

コメント

ジャスコでは2着¥15000でしたからねぇ。県民共済でもセミオーダースーツが¥13000くらいで買えますね。

だいたいスーツって、毎日着るけど、そんなに買い換えるものでもないものですよねぇ。不景気なら、なおさらですね。

私は基本は、自宅で洗濯できる物しか買いません(^^;ので、カシミヤは買わないなぁ。

投稿: べる | 2008/10/24 22:35

べるさん、こんにちは。

自分が店にいた頃は10000円のスーツなんて、閉店売り尽くしでもなければ出なかった値段でした。ところが自分がやめてすぐ、ジャスコが10000円のスーツを年間販売するようになりました(確かトップバリューブランドだったと思います)。スーツの値段はどんどん下がりますね。どうやってコストをつめているのか分かりません。

世界的潮流としてカジュアル化が進んでいます。公務員や銀行員、その他営業職以外はスーツを着なくなってきていますね。数日前に税理士さんたちと思しき人が数人電車に乗っていましたが、綿パンツにノーネクタイでジャケットを羽織っているだけ。スーツなんてものはそもそも日本の気候に合わないので、だんだん減っていくでしょう。

カシミヤは10年位前飛ぶように売れましたが、本来は貴重品のはずで、着捨ててもいいような値段で売るのには心が痛んだものです。

投稿: なんちゃん | 2008/10/27 22:52

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 家族という闇 | トップページ | パフォーマンスとしての舛添激怒 »