« 井上工業の破産 | トップページ | KIOSKにセルフレジ »

2008/10/20

駅名について思う

先月の話。東武伊勢崎線に乗っていたら、武蔵野線に乗り換えるつもりらしいおばさま(おばさんより少し良いかな?)の2人がどこで乗り換えたらよいか分からず迷っていたので「新越谷ですよ」と教えました。路線図を見ないと、普段武蔵野線ユーザーの場合分かりにくいですね。

武蔵野線の新八柱と新京成の八柱、南越谷と東武伊勢崎線の新越谷、北朝霞と東武東上線の朝霞台は隣接しているので同じ駅名にしたほうが親切だと思います。逆にJR横浜線と小田急の町田は乗り換えに5分以上かかります。もともとJR側は原町田という駅名だったのですが、ペデストリアンデッキ(歩行者用デッキ)でつながれているため同じ駅名にしたのでしょう。そうであればなおさら隣接駅の場合どちらかの鉄道会社が譲って駅名統一したほうが良いでしょう。

離れている駅でも「乗り換え」と案内される事があります。船橋と京成船橋、秋津(西武池袋線)と新秋津(JR武蔵野線)は5分以上歩きます。特に秋津の乗り換えは初めての人には難易度が高いです。

地下鉄の駅では500メートル以上歩いて乗り換えするところが結構ありますね。新御茶ノ水と淡路町、有楽町線の永田町と銀座線・丸の内線の赤坂見附など。新宿駅や東京駅は駅構内が端から端まで1キロくらいあるのではないでしょうか。それに較べれば赤羽と赤羽岩淵の乗換えなんか450メートルだから易しいかもしれません。

|

« 井上工業の破産 | トップページ | KIOSKにセルフレジ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 井上工業の破産 | トップページ | KIOSKにセルフレジ »