« オレンジの光に包まれて | トップページ | この色が好き »

2008/05/01

みえてきたもの

ガソリン税に関する与野党対立はちまたにも「道路」というもののありかたを考えさせるきっかけになった気がします。

東洋経済4月19日号の「経済を見る目」というコラムに河野龍太郎さんというエコノミストのコラムが載っています。この人の文章はあちらこちらで見ますが、そうだな、と思ったことがあるので一部引用します。

昨年から、地域間格差是正が大きな政治課題となっている。格差是正のために財政を通じ所得移転を行うとしても、それは属人ベースで行うべきで、特定地域や特定産業に向けて行うべきものではない。都市から地方への財政資金を移転すれば、公共サービスなどを通じ地方の富裕層にも所得が移転される一方、都市で救済を必要とする人に資金が向かわない可能性がある。格差是正を大義名分に財政資金が使われると、あるカテゴリーに属する利益供与になるケースが多い。

これでしょう?今の政治が格差是正や財政問題をあげてやろうとしていること。つまり「格差」を口実に地方の金持ち、政治的影響力のある人物や団体に金をまわす。「財政」を口実に一番所得格差の激しい高齢者から悪平等的に医療費や介護費用を配ったり削ったりしているのでしょう?河野氏はそれではだめだとはっきり言っています。「属人ベースで行うべき」というのは政治力のない人にお金を回さなければ経済運営としても社会政策としても意味がないということです。すごくわかりやすいですね。

地方のことだけではありません。自分はインドに縁が出来てから、インドをはじめ南アジア、東南アジア諸国に関する新聞記事、雑誌、書籍などをななめよみしたりじっくり読んだりしてきました。その結果わかったのはODA(政府開発援助)というのは相手の国の貧困対策などにはほとんど役に立たないということです。地方への財政移転と同じで相手国の富裕層や政治権力にしかお金が流れないのです。政府が中立であるというのは幻想です。冷徹なようで意外に自由競争によるビジネスのほうが本当に人々の救済になるケースがあるのです。それは以前「グラミンフォン」の話題でその一端を書いたことがあります。

道路特定財源問題は、財政資金を欲する利益団体の問題と見ることが出来る。道路建設への執着はすさまじい。それでも財政資金移転が地方の持続的発展につながったのならまだよい。しかし、そうでなかったことは明白だ。政府の関与で予算制約が緩むと、人々は創意工夫のインセンティブを失う。地方経済の成長の機会が失われた結果、地域間格差がさらに広がった可能性もある。

これはどういうことかというと、お金をばら撒くことで、地方の人々が本当にぎりぎりまで困ることがなくすごしてきたのではないか?ということを言っています。困らなかったからいいではないか?というのは違います。人間は本当に困ることで初めて自分の行動を変えていくことが出来るのです。誰かが援助しているうちは変えられないのです。アルコール中毒症、薬物中毒症の人がそうです。彼らは誰かが心配してくれている間は中毒から逃れられません。だれも心配しなくなって放置されて始めて「これは本当にやめなければダメだ」と思って自分の力でアルコールや薬物と手を切ることが出来るのです。痛みを感じなければ変われないのです。べてるの家の中に出てくる話がいい例です。

アル中と地方の問題は違うと思いますか?いいえ、まったく一緒です。たとえば韓国ではアジア通貨危機で1999年ごろ国中が本当に困り果てたことがあります。だからあの轍は踏むまいと政府も国民も一生懸命国の経済を変えてきました。日本はあの時景気後退したけれども本気で困ることがなかったです。700兆の借金で痛みを和らげてしまい本当に困ることがなかった。だから変わらないのだとはっきり言うことが出来ます。

ただ、河野氏のコラムにはこんなことも書いてあります。

都市で生活する人は、美しい自然や混雑のない生活などカントリーライフから得られる豊かさを犠牲にし、物質的豊かさを手にする。カントリーライフを追求するのなら、都市と同等の物質的豊かさを享受しようと公共サービスの充実を政府に要求すべきではない。両方を求めるのはナショナルミニマムの範囲を超える。物質的豊かさを求めるのか、カントリーライフを求めるのか、これは選択の問題である。

実際に都市生活や田舎暮らしを自分から選択している人がどのくらいいるかという問題はありますね。それと実際は自分で選んで田舎暮らしや都市生活を営んでいるのに自分で自覚のない人も大勢いるでしょう。この二つしかライフスタイルに選択の余地はないのかも疑問ののこる所です。

しかしこのコラムは今の政治状況によって私達に見えてきたものの本質をついているような気がします。

|

« オレンジの光に包まれて | トップページ | この色が好き »

政治」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« オレンジの光に包まれて | トップページ | この色が好き »