« 財政赤字による子ども虐待 | トップページ | 地元の味がピンチ »

2008/05/03

地域差

先日「埼玉県内乗り合いバスルート案内」という本が出版されました。国際興業バスでは各営業所や案内所でも発売しています(1冊1000円)。

これをみていて気がついたことがあります。以前から問題視していた障害者手帳間の格差問題(身体障害者・知的障害者はバスや鉄道が割引になったり無料になったりするが精神障害者は割引にならない)が、なんと県内自治体でも対応に差があるのです。

川口市と鳩ヶ谷市ではコミュニティバスに関して「障害者は半額の50円」という記載がありますが、実際は精神障害者は割引になりません。東松山市も同じように差別があります(明記してあります)。ところが春日部市は明確に「身体障害者手帳・療育手帳・精神障害者手帳をお持ちの方は無料」と記載してあるのです。そのほか手帳の提示ではなく乗車証を発行してもらえばその乗車証提示で無料というのが久喜市(3障害とも)。東京都は都営交通に関して久喜市と同じ扱いをしています。

蕨市は「市内在住の障害者等に限り無料」となっていて、鳩ヶ谷や川口とまた違います。このように住んでいる自治体によって、コミュニティバスの運賃にも大差があるのです。これにはびっくりしました。

もっとも「コミュニティバス」の位置づけが自治体によって全然違います。三郷市のバスは深夜バスまであって一般路線バスと変わりません。

いろいろと考えさせられました。

|

« 財政赤字による子ども虐待 | トップページ | 地元の味がピンチ »

精神福祉・精神障害」カテゴリの記事

コメント

事後承諾で申し訳ありませんが、あちこちにパクらせてもらいますた。
ご容赦・・・
今日は今時間が無いので取り急ぎ失礼・・・

投稿: ばう | 2008/05/04 08:59

ばうさん

お役にたつものならどんどん使ってください!

投稿: なんちゃん | 2008/05/07 11:21

さんきゅうぅ~!!

http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=17987626&comment_count=96&comm_id=726613

整理整頓し始めるのは調子が出て来た証拠?んが、調子に乗ってやりすぎるとアブナイ。いいかげんなとこでセーブする、と。

投稿: ばう | 2008/05/08 08:18

○ばうさん

リンク先の書き込みを読んでいたら、また考えちゃいました。越谷に「わらじの会」という身体障害者と関係者の集まりがあるのですが、当事者が電動車いすであえて電車に乗って会合か何かに行くと言うことをずっと続けていたんです。文句言われたりすることもあったでしょう。自分も何回か周囲の人と4人くらいで協力してあの電動車いすごと改札口まで持ち上げましたが大変だったです。そういうことをしているうちに、せんげん台駅にはいち早く車いす利用もできるエスカレーターが設置されたんですよね。

基本的人権ということを言い出すまでもなく人は助け合いながらでなければ生きられません。声を出していかなければ変わるものも変わらないですよね。「いろいろ言うから白い目で見られる」みたいな発言には違和感を持ちました。

投稿: なんちゃん | 2008/05/09 11:17

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 財政赤字による子ども虐待 | トップページ | 地元の味がピンチ »