« 日本の住宅バブルにも影 | トップページ | 元気の源 »

2008/04/03

主治医変わる

3月31日の診察が最後となり、今までの主治医の診察が終了しました。前にも書いたように主治医が転勤して外来を持たなくなるという事なのでいたし方ありません。

31日に主治医と話せたことでひと月の長くつらかった3月は報われたのですが、4月1日になったら主治医がいないということで宙ぶらりんの気持ちがして調子も悪かったです。そして今日3日、新しい主治医の診察を受けました。

主治医が決まって少し話せば落ち着くと思った自分は甘かった!そんなちっぽけな事ではないですね、主治医の変更というのは。治療方針が全く違うのですから。しかも自分がたどってきた8年の病歴を新しい主治医がそんなにすぐに理解できるわけもなく、「理解されていない感」が強く残りました。少しずつ埋めていくしかありません。当面毎週診察を受けることになります。今までの病院では当初2週間だった診察サイクルが1ヶ月になっていましたから、毎週というのは相当窮屈な感じもします。方針が決まるまでは薬も変えていくことになるらしいです。これは相当大変です。なにしろ疲れました。初対面の人と話すとなればどんな人でも、どういうシチュエーションでも、緊張して疲れるわけですから自分がどっと疲れたのも当たり前といえば当たり前。

新しい主治医は今の生活サイクルにも不満らしく、朝規則的に起きるのが理想のようです。自分はメインの活動時間が午後なのでそこに照準を合わせてやっとサイクルが回りだしたところ。この辺もどうなりますか。

カウンセラーが変わったときも相当大変だったのですから、しばらくは大変でしょう。

|

« 日本の住宅バブルにも影 | トップページ | 元気の源 »

うつ病」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 日本の住宅バブルにも影 | トップページ | 元気の源 »