« 鳩ヶ谷には必要なし | トップページ | 勝間和代という生き方 »

2008/04/08

いけなかった手古奈

お世話になっているYさん夫妻が7年やってきた手古奈。家庭料理とお酒のカフェというコンセプト(左下にリンクがあります)で門前仲町の運河に近いエリアで営業してきたのですが、いよいよその店を閉めると知ったのはブログに記載が出てきた3月上旬の事。閉じるのか・・・そのまえにぜひ行かなきゃと思っていたのですが、体調もイマイチで、おいしいお酒を一人で頂くような環境になりませんでした。残すところ2週間ちょっとというある日、閉店頃に思い切って電話してみました。奥さんのMさんが電話口に出てひとしきり話しました。「なんちゃんは体調もあるんだから、無理しなくていいのよ。その代わり街研には呼ぶので来てね」とのこと。分かりました。街研(街歩き研究会)楽しみにしています。7年の頑張りに「お疲れ様でした」。

|

« 鳩ヶ谷には必要なし | トップページ | 勝間和代という生き方 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 鳩ヶ谷には必要なし | トップページ | 勝間和代という生き方 »