« スターアライアンスに加盟 | トップページ | 霜柱 »

2008/01/12

成田空港と千葉県

これは昔どこかで聞いた話です。どこで聞いたかさだかではありません。

東海道新幹線が開通し、東北新幹線の着工も決まった頃の話だと思います。当時の千葉県庁幹部は危機感を募らせたそうです。「神奈川県は後ろに東海、関西がある。埼玉県は後ろに北関東や東北がある。だからどちらの県も、ほっておいても交通は発達する。しかし千葉には後ろが無い。だから海外を後ろにしてしまおう。」こんな発想から国際空港を千葉県に誘致したのだそうです。成田空港の建設過程では大変トラブルが多く、開港してからも見学者は空港に行けないなどのトラブルがありましたが、結果として成田空港の開港にあわせて東関東自動車道が整備され、開港2年後に当時の国鉄総武線津田沼~千葉間の複々線化が完了し輸送力が大幅にアップしました。これらによって千葉市が発展し、政令指定都市になる足がかりを得る事になりました。

はっきり覚えているわけではありませんが、小学生の頃房総の館山に海水浴に行ったことがあります。津田沼から先へ行く電車の少なかった事、千葉で乗り換えて内房線に乗ってからもものすごい混み方だった事など記憶しています。あの当時の輸送量のままだったら、幕張メッセも京葉線も、下手すると東京ディズニーランドすら千葉県には出来なかったかもしれません。

こんなことを今更のように書いたのは、外国から来る人は大変だろうなと思うからです。東京では国際線は成田、国内線は羽田と役割分担されていますが成田空港~羽田空港間はとても距離があります。直通列車が少ないのでどうしてもバスに頼る事になりますが、渋滞に巻き込まれる事が多くとても不便です。

デリーにあるインディラガンジー国際空港は乗り場こそ別れていて移動に多少時間はかかりますが、国際線と国内線が同じ空港に乗り入れているので成田空港ほど大変ではありません。日本でも他の主要都市の空港は比較的楽に乗継ができるのに東京ではそう簡単に問題が解決しないのは、千葉県の浮沈が成田空港にかかっているからだと言えます。そうでなければ羽田空港の滑走路を増やして国際線も羽田発着にすればいいのです。国も本当はそうしたい・・・と思っている人が多いように見受けます。

さらに問題を複雑にするのが航空路の問題です。羽田空港に着陸する飛行機は房総半島を必ず横切ります。千葉を横切るのに千葉に恩恵が無い羽田空港にすべての飛行機を集約させるのが政治的に困難な状態です。

難しいですね。

|

« スターアライアンスに加盟 | トップページ | 霜柱 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« スターアライアンスに加盟 | トップページ | 霜柱 »