« 他人事でなくなった | トップページ | ふくらむつぼみ »

2008/01/05

紙わざ

神業ではなく紙わざ。何でそんな事ができるのかよく分かりません。

自分はシティバンク銀行(昨年から日本法人を立ち上げたので正式にこの名前になりました)に口座を持っています。シティバンク銀行の口座には通帳がありません。月が終わると1か月分の取引(ATMの出し入れなど)を記録したお取引報告書が送られてきます。それを綴じて通帳代わりにするのです。新生銀行も同じ方式をとっています。こうすることでデータをいつまでも銀行で持っている必要が無くなるため大幅なコストダウンが出来るのだそうです。

新生銀行はしかし、お取引報告書が来るのが翌月の中旬になります。ところがシティバンク銀行は翌月4日までには必ず到着します。しかもオーストラリアからエアメールです。オーストラリアは郵便料金が安いらしく、アメリカンエキスプレスのカード利用明細もオーストラリアからエアメールだそうです。自分はアメックスのカードはもっていませんが。まあしかし、4日着なら1日にだーっとデータを出力して封緘発送すればなんとかなるかなと思っていたのですが、なんと昨年12月のお取引明細が1月2日にオーストラリアから届きました。ちゃんと12月31日のデータまで載っているんですよ。こんなことありえる?つまり12月31日が終了した時点で即時データをプリントアウトし封緘して朝の飛行機には載せているということでしょう。東京には前日夜届き、鳩ヶ谷郵便局には朝6時頃には届いていないとその日の配達は無理です。

おそるべき紙わざ、と思いました。

|

« 他人事でなくなった | トップページ | ふくらむつぼみ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 他人事でなくなった | トップページ | ふくらむつぼみ »