« けっして順調だった訳ではありません。 | トップページ | 行きません »

2007/12/24

大変だと思うけれど

デイケアなどへ行く時にJRを使うと、どの駅でも郵便局の年賀状臨時発売所が作られていて、寒空の中局員さんとパートさんがペアで必死に年賀状を売っています。大変だと思うけれど、踏ん張ってもらうしかないなと思います。郵便の収支のうち利益の大半は年賀状で出ているのです。これは小売店の利益の半分(店によっては7割以上)が12月に出ているのと似ています。自分がスーパーで働いていた頃は、「12月は1週間を1ヶ月と思ってやれ」と上司から檄が飛び本当に一生懸命売っていました。12月最終週の紳士洋品の売り上げはたった1週間で3月と9月の2か月分くらいありました。食料品も明日までクリスマス一色だったのをいっせいにおせちなどのお正月用品向けの売り場にしなければなりません。あれは本当に大変なんです。でも、そこに自分の給料がかかっているのですからやるしかないです。

郵政民営化初年度。どこの現場でも混乱が生じて大変な事になっているそうですが、結局それは民営化が国鉄や電信電話、専売公社よりも20年遅れてしまったことの副産物なのだと自分は思います。時代の変化に大きく後れを取ってしまった。国営に戻せと言う議論もあるそうですが、逆効果でしょう。

大変と言う事でいえば、1~2年前から1月2日にも年賀状を配達するようになりました。あれはやめたほうが良いと思います。ローテーションを組む時1日定休日が入るのと入らないのとでは要員配置に雲泥の差が出ます。2日に配達をすることで配達担当の人たちは、スーパーが元日営業を始めた時の自分たちと同じ苦しみを味わっていると思います。年賀状なんて元旦を過ぎれば7日までに届けば良いようなものです。急ぎの郵便ではありません。ここに労力をかけるなら別のことに使ったほうが良いと思います。つかの間でも休みが取れるのであれば休んで欲しいです。

|

« けっして順調だった訳ではありません。 | トップページ | 行きません »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« けっして順調だった訳ではありません。 | トップページ | 行きません »