« 意味が無かった法科大学院 | トップページ | 心の健康と恋愛 »

2007/10/18

体力

今日は午前中から予定があったのに、お昼まではほとんど何もできない状態で過ごしてしまいました。しかし体調が悪かったかというとそうでもなく、先ほど赤羽から途中休憩せずに我が家まで歩いて帰ってきました。体を動かすのも、「しなければいけない」と自分をしばるとできないときに自己嫌悪に陥るので「歩くのは好きだから、歩ける時には歩きたくなる」と信じて、その場その場で判断するのが良いようです。

自分は、中・高生の頃の体力測定の結果がアンバランスでした。ボールを投げる事が極端に不得意で点数にならないくらいでした。だから球技は苦手。ところが突出していいのが持久力でした。踏み台昇降の数字が異常に良かったのです。マラソンで特徴的だったことがあって、スタート時にはほとんどビリに近いところにいるのに、走っているうちに他のみんなが勝手に脱落していくので、ずっと同じペースで走れる自分はゴール時点ではいつの間にか中位にいるのです。そんなわけで散歩やハイキングには向いているといえます。但し病気になってから運動量が減った為ベスト体重から遠くかけ離れてしまったので、ハイキングでは必ず下りでひざが痛くなって、ひどいときには歩けなくなってしまいます。山好きなのに山から遠ざかっている一番の原因がこれです。登りだけだったらいいのですが。普通とは逆ですね。

|

« 意味が無かった法科大学院 | トップページ | 心の健康と恋愛 »

自分の事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 意味が無かった法科大学院 | トップページ | 心の健康と恋愛 »