« 見るからに怪しい | トップページ | キャラにサブウェー »

2007/10/01

若松へ行きたい

9月30日のair plantsライブはすばらしかったです。チェロとバイオリンとアコースティックギターという取り合わせが異色だと思うのですが、それぞれの質感がすばらしくて、曲として合体するとそれが二重三重に勢いと繊細さを兼ね備えた、うっとりとするような音色になるのです。

air plantsについては過去記事をご覧ください。

さて、このair plantsが10月は西日本各地を回るのです。特に北九州はチェロの橋本歩さんの出身地だそうですが、古い街だけあって面白そうなロケーションのたくさんあるところなのですが、さらに自分がとても興味をそそられているのが若松区の旧古河鉱業若松ビルでのライブ。どんなビルでしょう?若松と言えば洞海湾の突端で向かい側は戸畑の街、そしてその隣が新日鉄八幡製鉄所です。昔で言う筑豊本線(今はJR若松線というらしい)で石炭が運ばれてきて、鉄を作って・・・日本の産業の中心地のような時代があったところです。そんなところの由緒ありそうなビルでair plantsのあの音色はどんな風に響くのでしょうか?街並みもぼんやりゆっくり歩きながら眺めてみたいです。

時間はあるけれどお金がなあ・・・(ため息)。でも30日のライブを聞くまでは「ムリだよね」と思っていたのですが、演奏を聴いてやっぱりいきたくなってしまいました。数日悩みます。

|

« 見るからに怪しい | トップページ | キャラにサブウェー »

旅行・地域」カテゴリの記事

福岡・九州」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 見るからに怪しい | トップページ | キャラにサブウェー »