« 赤羽営業所にパスモ(pasmo) | トップページ | 一日寝込む »

2007/08/10

ヨセフを知っている一族2

自分は先日「人が好き」と書きましたが、だれでも受け入れるかというとそうではありません。当たり前ですね。自分が受け入れられるのはヨセフを知っている一族です(以前記事を書いていますのでご覧ください)。これはキリスト云々は全く関係ありません。赤毛のアンに出てくる、ある特質を持った人の総称です。赤毛のアンでは具体的定義が書いてありませんが、自分が定義つけするなら、向上心のある人、自分で喋るより人の話を聞くのがうまい人、自分のことが自分で決められる人です。いつも金魚の糞みたいに団体で行動してしまう人はダメ。そして素直な人です。

自分は自分の大切な友人には、その場で誤解があったり一時的に傷つける事があっても本音で話したいと思います。それが以前にも書いた自分の理念「遠慮するほど相手の事を知っているのか?」とつながります。遠慮して後でもっと大変な思いをさせるくらいなら今本音で話したほうが結果的にはいいです。アトム保育園の本にはこれに類するエピソードがたくさん散りばめられています。本音で話さないとお互いが育ち合う事が出来ないと思います。

|

« 赤羽営業所にパスモ(pasmo) | トップページ | 一日寝込む »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 赤羽営業所にパスモ(pasmo) | トップページ | 一日寝込む »