« 第1回鳩ヶ谷こどもまつり | トップページ | ニシハト »

2007/05/08

6年と8年

先日ある方とお話しした時「自分は病気を割り切るのに6年かかった」と言うと、「6年で割り切ったのはすごい」と言われました。その方は身体障害なのですが、子どもの頃から20年かけてやっと割り切ったのだそうです。20年!!耐えられますか?毎日思い通りに行かない日々(発病してから)が来月で8年続いていますが、20年は耐えられないと自分には思えました。世の中にはものすごい人がいるものですね。

ただ割り切った人はやはり強いです。いつも書いていますがどん底を見た人はすごいですね。タフだなと思います。割り切った時点で0だから、あとはプラスしかないのです。自分はまだまだかもしれません。チャンスはきっとあると信じていますが、まだまだ長い。ゆっくり着実に行くしか無いですね。

|

« 第1回鳩ヶ谷こどもまつり | トップページ | ニシハト »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

割り切る・・・。

簡単でないんだよね〜。
全く同感です。

僕が、自分の人生で経験してきた事から
という部分では、

「自分を他人と比較しない」

これが僕にとっての人生を生きていく上での
究極の「割り切り」だと思っています。

言い換えれば、

「自分の人生を他人に左右されないで生きる」

という事にもなるでしょうか・・・。

投稿: あきゅの | 2007/05/10 00:55

○あきゅのさん
ある方が言っていたのですが、割り切るとはあるがままを受け入れることで、それにはとっても勇気がいるんだそうです。確かにそういう側面もあるでしょうね。

人と比較しない、人に左右されないというのも大切な要素でしょう。

人にはその人が耐えられる分の試練しかやってきません。人と比較するのではなく自分にとっての100%で問題にぶち当たっていくことが重要ですね。

投稿: なんちゃん | 2007/05/11 15:29

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 第1回鳩ヶ谷こどもまつり | トップページ | ニシハト »