« air plants | トップページ | マンション戦争勃発 »

2007/05/02

べてるまつりin浦河のお知らせ

何度もご紹介している浦河べてるの家から「第15回べてるまつりin浦河」のお知らせパンフレットが届きました。これはビデオなどでも紹介されすっかり有名になったべてるの家の一大イベントです。6月15日(金)から16日(土)にかけて、浦河町総合会館文化ホールをメイン会場にして行われます。14日には前夜祭もあるそうです。べてる祭りでは恒例になった「当事者研究全国交流集会」も開かれます。「当事者研究」というのはべてるならではの発想から生まれたものです。

普通「病気の研究」というものは医学界にタッチするものだけが行うものです。原因が何で、どういうプロセスを経て発病し、どういう治療法が有効でどう治癒するのか。再発の可能性やその予防にいたるまでが「医学」の分野でのみ研究され議論されてきました。べてるの「当事者研究」はその発想を根本から覆すものです。統合失調症の患者自身が、周囲の援助を得ながら「どういうきっかけで発病し、どういう発作が起こるのか、そのプロセスはどうなっているのか、発作を防ぐにはどうしたらいいか」という「医学」だけが追究してきたながれを、統合失調症(に限らず)の患者本人がまとめあげて発表するのです。医療に携わる人の多くが考えられないようなことだと思います。しかしべてるでは「べてるの家の当事者研究」という名前で本も出してしまいました(医学書院 2005年2月)。

ぜひ行きたいです。が6月なので青春18切符はありません。羽田から新千歳まで飛行機で最安13000円。新千歳から浦河までの交通と宿泊費を考えるとかなり厳しいと言わざるを得ません。「どうしたものか」と、今思案中です。

|

« air plants | トップページ | マンション戦争勃発 »

べてるの家」カテゴリの記事

医療一般」カテゴリの記事

精神福祉・精神障害」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« air plants | トップページ | マンション戦争勃発 »