« 本当に調子悪い | トップページ | なんでそうなる? »

2007/03/11

語学をやるなら

最近某外国語学校の受講料払い戻しに関するトラブルが話題になりましたが、当の学校以外にも電車内やテレビCMなどでさかんに宣伝しているところはどこも似たり寄ったりだと思います。自分が一度受講した学校は4人までの少人数で一こま45分授業時間があるのですが、時間内に全部こなしきれない講師が多かったです。その上年に10回テキストが変わるのです。つまり一度使ったテキストは40日ほどの使用期間の後は自習ツールとなり、その都度1500円払って新しいテキストを買わなければなりませんでした。初期費用は35万円くらい。入会金を含め300コマを一括で買うような契約なのです。200コマなどのコースも一応あるのですが、一こまあたりの単価がぐんと高くなるので支払う金額が5~6万円くらいしか変わらなくなります。実質的に300コマを選ぶしかない構造です。さらに「自分はこのやり方ではいつになっても身につかない」と思って解約を申し出たところ、問題のあった語学学校と同様、不透明な計算方法で計算された金額しか戻ってきませんでした。

あれが向いている方もいるでしょうから悪いとは言いませんが、相当お金がかかるのを覚悟しておいたほうがいいでしょう。最低40万はかかりますよ。

自分はヒッポをやっていますが、ヒッポも万人に向いている語学習得法だとは思いません。ヒッポではオープンマインドで言葉ではなく人に向かっていく態度が求められます。濃い人付き合いが苦手な方は厳しいと思います。もちろんヒッポにはいることで人付き合いの楽しさに気がついてどんどん前向きに開けてくる人もいるのですが、例えば何でも最初から疑ってかかるような方や、素直に人まねができない人、プライドが高い人には向かないと思います。初期費用もCDを買わなければならないので20万弱かかります。いいところもたくさんありますので、興味のある方はアネックスのほうを読んでみて下さい。

そういうなかでここならどうだろうと言うのがアテネ・フランセです。ここは御茶ノ水駅と水道橋駅の間にあって、そこへ通える人でないとだめなのですが、カリキュラムは結構いいと思います。先ず年間を3学期に分けてありその学期ごとに授業料を支払えばいいので費用も一度に沢山払わなくていいのです。少人数ではないので、その分受講料は安く設定されています。お試しで1講座受けるのでも無駄が無いと思います。中人数の教室授業ですが、授業では日本語を全く使用しません。英語なら英語だけ、フランス語ならフランス語だけです。最初はちょっとびくつくかもしれませんが、シャワーのようにその言葉を浴びていくこと、そして口に出すことが言語習得の近道だと思いますので、臆せずチャレンジすべきです。自分に向いているレベルの講座はどれか、事前に受付で相談することもできます。さまざまなレベルに対応していますので、資料請求してみてください。

もちろんヒッポに興味ある方はぜひヒッポへどうぞ。体験会などに参加して納得してから入会を決めればいいことなので、気楽に「どんな活動をしているのかな」程度でお越しになってみてください。

|

« 本当に調子悪い | トップページ | なんでそうなる? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60361/14227278

この記事へのトラックバック一覧です: 語学をやるなら:

« 本当に調子悪い | トップページ | なんでそうなる? »