« トラックバック機能を廃止します | トップページ | 人生銀行 »

2007/03/27

バロメーター

うつ病の症状の一番大きな症状は「気分が落ち込む」ではなく「疲れやすい」ことではないかと自分には思えるのです。自分が、そして仕事に就けない精神疾患患者さんの多くの抱える問題は「すぐ疲れてしまう」ことです。これが健康な方にはなかなか理解できないことだと思います。

しかも自分の場合調子の悪いことを頭で自覚できないことがたびたびあります。突然の体の反応で「なんだ、調子悪いのか、自分」と思うことがたびたびです。そのひとつのバロメーターになりつつあるのが、デイケアや町屋堂さんのお手伝いへ行く時に赤羽岩淵駅から赤羽駅まで歩くことです。自分の出かける時間は時差回数券の使える時間ですので地下鉄を使ったほうがバスより安くなります。ただ、バスなら赤羽駅前まで乗り入れますが、地下鉄は約500メートル離れた赤羽岩淵駅から赤羽駅まで歩く必要があります。調子のいいときは鼻歌歌いながら歩ける距離です。ところが体調が悪いとここを歩きとおすのがかなり厳しいのです。みるみるうちにスピードが落ちて、普段の半分以下のスピードでしか歩けなくなります。あるいは体のほうが反応の早い時があって、そういう時は頭に逆指令を出してうちの近所からバスにふらふらっと乗るように仕向けたりします。こういう表現は理解しにくいでしょうね。でも自分にはそう思えるのです。

金曜日は朝から病院連ちゃん。そして薬の調剤に1時間。それだけで疲れて、約束があったのを「ごめんなさい」して帰ってきました。日曜日に来日している友人のカナダのミュージシャンたちと親方新井のセッションがあったのでそれに備えたのですが、土・日と最悪の体調になってしまいました。先週と同じくらいどかーんと落ちて、昼夜の区別がつかない、カロリーメイトしか食べられないというおなじみの状態になりました。昨日も家から出られず、今日やっと赤羽岩淵から赤羽まですいすいと歩くことの出来る体調に復活。しかし朝9時から出かけたので買い物などもして16時過ぎに帰ったら、疲れてもう外へ出るのは難しい状態になってしまいました。

こうした事柄を、自分ひとりで制御して後始末もしていくというのはなかなか大変です。よくやっているなあと久々に思いました。

|

« トラックバック機能を廃止します | トップページ | 人生銀行 »

うつ病」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« トラックバック機能を廃止します | トップページ | 人生銀行 »