« あさってから実況中継 | トップページ | ユーモアが無くっちゃ! »

2007/01/04

頑丈

昨日、山梨に住んでいるいとこの家へ日帰りで行ってきました。行き帰りの中央線で新型の快速電車を見ることができました。この新型電車は信号系統だったか電気系統だったか、故障しやすいところを2重にしてバックアップしているため車両故障に大変強いというのが売りです。中央線は平日朝は2分10秒間隔で運転される日本一の過密路線(3月18日からは山手線が制御方法の改良により1本増えるそうですので中央線以上の過密ダイヤになりそうです)なので、ラッシュ時にトラブルがあると大混乱になります。そのため、新型電車の投入を急ぐようです。

ところで現役の中央線快速電車は国鉄時代に開発された初の省エネ電車です。当時は1両当たりの価格がその前の代の103系と言う電車(つい最近まで武蔵野線や常磐線快速として走っていた電車です)の1.5倍すると言うことで話題になりました。価格が高くても電気使用量が少ないので長い目で見れば得になるということで中央線のほか関西の東海道、山陽線にも投入されました。

この201系と言う中央線の電車は何しろ頑丈で壊れないのだそうです。最近は省エネ電車が当たり前になり京浜東北線の209系という車両は車内の目立つところに「以前の電車(103系)の47%の電力で走っています」と書かれています。が頑丈ということでいうと201系のようです。新型車を導入するのはいいのですが、壊れない201系ですから別の路線で活躍することが望ましいと思います。しかし首都圏や仙台、新潟地区ではほとんど新型電車が導入されているうえ、最後まで残った武蔵野線は山手線の新型電車導入であまった車両を転用して旧型電車を全廃しています。首都圏では活用しづらいのです。

ところで関西地区では新型電車の導入があまり進んでいません。省エネの新型電車になっているのは東海道・山陽線のほか一部で、大阪環状線ですら関東では全廃された103系が現役で活躍しています。ということで中央線から出てくる201系は関西で活躍するのが一番良いのではないかと思います。昔の国鉄と違って今は別会社ですから交渉が必要でしょうが、東京の地下鉄東西線乗り入れようの103系がJR九州に移籍して、地下鉄と相互直通している筑肥線に入っていますからありえることだと思います。ぜひ有効活用して欲しいと思います。

|

« あさってから実況中継 | トップページ | ユーモアが無くっちゃ! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60361/13330806

この記事へのトラックバック一覧です: 頑丈:

« あさってから実況中継 | トップページ | ユーモアが無くっちゃ! »