« べてる効果 | トップページ | すすむ割り切り »

2007/01/25

はっきりした因果関係

火曜日夜から胃の調子が悪く、胃薬を飲んだりしています。うつで落ち込むのは年がら年中ですが胃に来るというのはめずらしくて、期限切れの胃薬などでしのいでいましたが、さっき理由が分かりました。キムチだ。

辛いものが好きだった(最近は過去形かな)のと発酵食品は健康にいいということとで、浅漬けよりキムチを良く買って食べていました。昨年からしばらく自炊料理が変わったので食べていなかったのですが、どうしても夕飯を外食にせざるを得ない日が続いていたのでなんだか辛いものを食べたくて久々に先日キムチを買ったのです。その数日後だ。胃がおかしくなってきたのは。

以前キムチを食べ続けていた頃も胃がおかしくて、内科で胃薬を処方してもらっていました。よく考えればキムチをお休みして食べなくなったから改善したのでした。

会社を辞めてすぐ、会社の友人と韓国へ旅行したことがありますが、あの時も夕食で「おかわり自由」のキムチを食べて、ホテルに戻ってから調子が悪くなり2泊3日の中日を一日ホテルで過ごすという間抜けなことになっています。これも全部つながるんだ。やっと分かりました。

自分にはキムチが鬼門だということがよく分かりました。好きなんだけどね。

|

« べてる効果 | トップページ | すすむ割り切り »

食生活」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60361/13650327

この記事へのトラックバック一覧です: はっきりした因果関係:

« べてる効果 | トップページ | すすむ割り切り »