« 爆弾低気圧 | トップページ | 手付かずの原野 »

2007/01/10

ドア扱い

昨夜は知人宅に宿泊。夜遅くまでうつ病からシュタイナーまで様々な事を話しました。さて今日は浦河へ向かっています。この列車は新型です。北海道で初めてのデッキのない車輌です。北海道では車内保温のため普通列車でもデッキがありました。しかしこの車輌は札幌の通勤輸送用なので乗降りがスムーズになるようにしてあるのです。もちろんドアはボタン操作で乗客が開け閉め出来ます。東北線などは上野駅までこうしたボタン式のドアが付いた車輌で運転されているので、寒い地域では乗客がドアを閉めるのが普通になっています。しかし北海道ではまだボタン操作でドアを閉めるのに慣れていない人もいて、寒いのに開けたまま行ってしまう人もいます。寒い!

|

« 爆弾低気圧 | トップページ | 手付かずの原野 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60361/13423310

この記事へのトラックバック一覧です: ドア扱い:

« 爆弾低気圧 | トップページ | 手付かずの原野 »