« いったいいつオープン? | トップページ | 記録的円安 »

2006/12/21

料理ざんまい

昨日はかなり調子がよかったのですが、いつもならデイケアが終わってから大宮か川口のヒッポの集まりに参加するところ、家事がたまっていたのでまっすぐ帰ってきました。机や台所を片付けてから冷蔵庫整理。「らでぃっしゅ」から配達されていた野菜もまだ残っていたりしたので、中華なべや普通のなべを総動員して炒め物やら煮物やらいろいろと作りました。料理の名前も付けられないような雑多なものですが、ごぼうや白菜、ねぎに大根など、野菜室にあったものを大体食べられる形にしました。実は「らでぃっしゅ」の宅配で大根が毎週来ていたのですが、毎日調子が良い訳ではないから残りに残っていたのです。単身者用の3分の1カットだけど4つくらいたまっていて困っていたので、一気におでん風に煮込んでしまいました。いっぺんには食べられないけれど、この時期そんなに痛まないだろうからちびちび食べます。ねぎやごぼうの煮物、白菜たっぷりの肉野菜炒めなど、日曜日までおかずに困らないほどになりました。

料理していると結構楽しいし、そんなに手間をかけるわけではない簡単料理ですが、それでもよほど調子のいいときでないと作れないのです。ちょっと具合が悪いとお湯を沸かしたり、電子レンジでチンくらいで手一杯だし、もっと調子が悪いと食事そのものをまともに取るのが不可能になりますからきびしいです。

まあ、だいぶ片付いて、あとはじゃがいもくらいになりました。来週調子のいいときにポテトサラダでも作りましょう。

いろいろ作っていたら、旬の野菜を食べられるありがたみをひしひしと感じてしまいました。まあお金を払って買ってくるわけですけれど、それだけじゃないですよね。最近よく「給食費を払っているんだから、うちの子にはいただきますなんて言わせないでくれ」という親がいてびっくりなんて話を耳にしますが、そういうことじゃないですよね。肉も野菜も魚も、「いのち」を食べるわけだからそのことに対するありがたみが感じられれば自然と「いただきます」くらいの言葉が出てくる気がします。

|

« いったいいつオープン? | トップページ | 記録的円安 »

食生活」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60361/13146225

この記事へのトラックバック一覧です: 料理ざんまい:

« いったいいつオープン? | トップページ | 記録的円安 »