« だめじゃん | トップページ | 値上がり »

2006/11/16

あのバスはどこへ

東京近郊の路線バスの中で、国際興業は新車導入率が群を抜いて高いように思います。しかも都営バスなど公営バスと違ってほとんどがいすず製の同じシリーズのバスです。新しいワンステップバスは慣れてくると結構乗りやすくていいなあと思います。しかし順々にとはいえあれだけたくさんのバスをよく入れ替えているよな、ほかの会社では現役の古いバスはどうなっているんだろうと思いませんか?

実はグループ会社のさらに古いバスの置き換えに使われています。盛岡や甲府などに行くと「おー、見たことあるぞ」と言うバスがたくさん走っています。塗装も一緒。中の料金箱などの設備が違うだけでこの間まで鳩ヶ谷で、川口で走っていたバスばかりです。聞いた話では、岩手県交通(国際興業グループ)の床が板張りの古いバスは完全になくなったとか。岩手県交通のバスは側面にIKKの文字が入っているのですが昔の国際興業のKKKの文字のあたまのKをIにしただけのバスも走っています。甲府には母の実家があって1年に何度か行くのですが、山梨交通に乗ると「間違いなくこれ乗ったことがあるぞ」というバスに遭遇します。こちらもオリジナルカラーをやめて、国際興業と同じ塗装にしてあります。

東京の電車が余生を地方の私鉄で送っていることは多いですが(地下鉄丸の内線の車両はアルゼンチンで使われているとか。先日地球ラジオでそんな話を聞きました)、これだけ多くのバスが移籍していると言うのは珍しいのではないかと思います。

|

« だめじゃん | トップページ | 値上がり »

川口・鳩ヶ谷」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60361/12706356

この記事へのトラックバック一覧です: あのバスはどこへ:

« だめじゃん | トップページ | 値上がり »