« 2回もつぶれる | トップページ | お産を考える2(書き直し) »

2006/10/30

成り行きに任せます

先日ヒッポの集まりの後、ちょっとした懇親会があって参加しました。最近自分は、自宅ではビールをほとんど飲まないし、金銭的な問題もあって厳選して参加しているので、本当に久々のビールでした。

ヒッポには家族で参加している人が多いです。当日東京の多摩地区から講演に来られたご夫婦の奥さんが自然と「奥さんはいないんですか?」と自分に聞いたので、「仕事している頃は出会いらしきものもあったけれど7年以上うつで仕事ができないでいる。男性で仕事ができないというのは、結婚などありえないでしょう。もう最近はずっと独身で行くと思っている」と話すと、「100%そうとも言い切れないのでは。ひょんなことから出会いがあるかもしれませんよ」とおっしゃいました。

話の流れでそう言うしかなかったのかもしれませんが、確かに自分の友人で、だんなさんが躁うつ病でかなり重く、全く働けない状態なのを「結婚して治療に専念させる」といって、両親の猛反対も構わず結婚してしまった人がいます。これは例外中の例外だと思っていましたが、何がどう転ぶか分からないというのも確か。結果として奥さんが主として働いている例も自分の知人友人には多いです。自分はヒッポに参加している地域の子どもたちを「甥っ子、姪っ子」のような感覚で見ています。子どもがいることで自分が育つ面って大きいなと感じています。身近に発想の違う人がいるのも、人生行き詰まらないためにはいいなとは思います。

ま、しかし現実問題として、病気が治らないことを前提に暮らす、自立することを懸命に模索している自分としてはけっこんするのは難しいでしょう。今の病人なりに充実した生活リズムを維持しながら、あとは成り行きで、そういうことがあればそれはそれで拒む必要もないのかなと、ちょっとだけ思いました。

|

« 2回もつぶれる | トップページ | お産を考える2(書き直し) »

恋愛」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60361/12484317

この記事へのトラックバック一覧です: 成り行きに任せます:

« 2回もつぶれる | トップページ | お産を考える2(書き直し) »