« サミット鳩ヶ谷駅前店オープン | トップページ | 続けることでみえるもの »

2006/06/27

可愛い子には旅をさせろ

最近は「東大に行くなら親の意気込みとお金」らしいです。「お金があれば東大くらい行ける」と真顔で言う人もいます。確かに入学者の出身校上位をみると私立の中高一貫校が大勢を占めるとも聞きます。しかしそこに本人の意思はどれくらい入るんでしょうか。

どうせ教育にお金をかけるなら、こんなのはどうですか?先日葉加瀬太郎さんの番組J-WAVEワールド・エア・カレントに出演された平田倫子さんは8歳の時から毎年夏休みに両親が海外に行かせたそうです。お話のやり取りがホームページに載っているのですが、今月いっぱいの公開のようなので一部を引用します。

平田さんはベルギーによく行かれるみたいですけど、なぜベルギーだったんですか?(葉加瀬)

私は元々、花屋になりたかったんです。花を勉強する短大に行って、その後の2年はヨーロッパで勉強しようと思って、始めはドイツに行ったんです。ドイツは1年位いたんですけども、ドイツの花屋で働いていた時にベルギーのフラワーデザイナーの方にお会いしまして、たまたまベルギーに行く事になって。20歳の時だったんですけども、その後はどっぷりベルギーですね。花を勉強される方はぜひベルギーに行って欲しいです。(平田)

「お花屋さんになりたい」と思っても、ドイツやベルギーに行っちゃうって、かなり突飛だと思うんですが?

私の親がちょっと変わっていまして、「夏休みには毎年海外に行きなさい」と言われていて、1人で海外に行く事を強要されていたんです(笑)。もちろん向こうで子供達を受け入れてくれる体制は整っていましたけど、1人で行って1ヶ月間そこで勉強してきなさいって。それを8歳の時からやっているんです。今は「自分が親になったら8歳の娘を出すかな?」と考えるんですけど(笑)。

僕の娘は7歳になろうとしていますけど、無理です!(笑)。

実家は静岡なんですけど、母親が静岡駅までしか送りに来てくれなかったんですよ(笑)。

静岡に住んでいて「東京に行って来い」と言うなら分かるんですけども、それがヨーロッパなんですか?

一番初めは「隣だから中国に行きなさい」って(笑)。

8歳から海外研修している子はなかなかいないですよ(笑)。

でも8歳の時は市の教育委員会の日中友好協会みたいなところに入れられて。もちろん最年少だったんですけど(笑)。

ご両親のそういった教育もこの仕事に就くきっかけなんですね。それじゃヨーロッパも慣れっこですね。

そうですね(笑)。高校卒業する時に親から「これから4年間は、日本の大学に行くのも含めて好きなように勉強していい」と言われたんですよね。日本の4年制の大学では、あまり勉強するものを見つけられなかったので、2年間は短大で花の勉強して、残りの2年でヨーロッパに行こうと。高校生の時に日本のお花屋さんと全然違うと感じていて、絶対ヨーロッパで働いてみたいなって。


いかがですか?可愛い子には旅をさせろとはいいますが、8歳から毎年一人で海外へ行かせられますか?なんとも腹の据わったご両親ではありませんか。ベルギーでは国家資格を取らないと花屋さんにはなれないそうです。平田さんはそのくらいのプロフェッショナルになっている。日本では「花屋さん」といってもそんなにステータスのある職業ではないから親のプライドをくすぐることはないでしょうが、ご本人は自信と誇りを持ってベルギーと日本を行き来している。「子どものため」といいながら実は自分のプライドのためにがり勉をさせる親御さんにちょっと考えて欲しい実例だと思います。

|

« サミット鳩ヶ谷駅前店オープン | トップページ | 続けることでみえるもの »

子ども」カテゴリの記事

コメント

す、すごい親御さんもいるんですね。8歳から1人で海外に出すなんて、親としてもかなり勇気がいることだったと思います。経済的にもかなり大変だろうけど…(^^;

私のもうすぐ2歳になる息子にも、いろいろな経験をして自分の進む道を決めてほしいなあと思っています。いろいろな国の人を知るということは、いろいろな価値観を知る、ということですよね。そうするとひとつのものさしで物事判断しないから、人生に幅ができるなあと思います。
そんなことも含めて、私はヒッポを家族でやっています~(^^)

「子供のためといいながら実は親のため」というのは、親も気づかないでやっちゃうことなんでしょうね。私も子供にやらないように気をつけたいと思います。

投稿: べる | 2006/06/27 23:25

○ロッキーさん

あなたのことは全く存じ上げません。何かの勘違いだと思われますのでコメントを削除させていただきました。あしからずご了承ください。

投稿: なんちゃん | 2006/06/28 20:12

こんにちは、べるさん。

この話は「どうせお金をかけるなら」という話なので、確かにみんなができる話じゃないですよね。でも環境だけ与えて、大学行くかどうかまで自分で決めさせるというのがすごいなと思いました。4年間自由に過ごしていいと言われて「2年間短大、2年間海外」と自分で決められるくらいその年齢で自主性をもっていたんですよね、この平田さん。自分は同い年の頃そんな決め方できなかったなと思います。

とりあえずりくちゃんホームステイデビューがたのしみですね。

投稿: なんちゃん | 2006/06/29 10:48

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60361/10695634

この記事へのトラックバック一覧です: 可愛い子には旅をさせろ:

« サミット鳩ヶ谷駅前店オープン | トップページ | 続けることでみえるもの »