« やっとまともになりました | トップページ | きゅぽ・らに無印良品オープン »

2006/04/06

当事者不在、ここにも

4月1日から悪名高き「障害者自立支援法」が施行となりました。しかし自立支援費の受給者証が届いていません。自分の通っているデイケアでちょっと聞いてみたらほとんどの人にまだ届いていないようです。4月からの医療費の支払いは一体どうしたらいいんでしょうか?自分のかかりつけ薬局では「まだ分からないので、支払いは後でいいです」とのこと。それと患者負担は所得と「重度かつ継続」かどうかによって上限が定められているのですが、その上限は医療機関側で管理するのか、それとも「高額療養費」の運用のように患者が一時立て替えてあとで戻りがあるのか、そんなことすら患者に伝わっていないのが現状です。歳出削減のことばかり頭にあって施行を急いだものの事務処理が追いついていないといった感じでしょうか。しゃれになりません。支払い能力の限られる人もいるのですから早くはっきりさせてほしいです。

それと、ほとんど知られていなかったことですが、4月1日から医師法が改正されて、デイケアの最中に診察をあわせて行うことが禁止されたのです。自分の通っているデイケア施設では、自分のような外部医療機関にかかっている人以外はみな毎週デイケアの時間に医師がきて施設内で診察をうけていました。ところがそれができなくなったので対象者全員に医師が往診に行くことになりました。これが問題になっています。時間との兼ね合いで診察が2週間に1度になります。大きな問題は、精神疾患の場合ほとんどの患者さんが人目を気にして暮らしているということです。医師が往診に行くようになると、近隣でうわさになるのではないかと患者は心配しています。そのため往診時に医師や看護師が白衣で行かないことが検討されているくらいです。さらに問題なのは、往診する医療機関そのものがほとんど無いことです。往診しないところはどうするんでしょうか。

分からないことばかりで戸惑っています。

|

« やっとまともになりました | トップページ | きゅぽ・らに無印良品オープン »

うつ病」カテゴリの記事

精神福祉・精神障害」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60361/9465026

この記事へのトラックバック一覧です: 当事者不在、ここにも:

« やっとまともになりました | トップページ | きゅぽ・らに無印良品オープン »