« 下関駅の悲劇 | トップページ | はめられたのかな »

2006/01/19

22時間

調子が悪い悪いといいながらこの始末です。え?なにが?

今日これを書いている場所は福岡県筑後市、羽犬塚駅前のリーズナブルで快適なホテルです。鳩ヶ谷ではありません。出発当日も16時くらいまで調子が悪くて「どうしよう、どうしよう」と思っていたのですが、今回も人と会う約束をたくさんしてしまったし、何とか行きたいと思ってみたら調子が回復し、東京23:43分発の「ムーンライトながら」に乗って旅を始めてしまいました。22時間1120キロを普通列車と快速だけ乗り継いでやってきました。切符は青春18切符ですが、自分で買ったものではありません。BREAKIN & BACKPACKER★DIARY.を書いているなっちゃん(さとみん)が山口県の柳井からタイへ行くのに成田からの飛行機を使ったのですが、その際柳井から成田まで使った青春18切符を払い下げてもらったのです。柳井→成田 東京→柳井→羽犬塚。2日間で十分元が取れている感じではありませんか。羽犬塚到着が21:15分。さすがにお尻が痛くなりました。大垣、米原、姫路、播州赤穂、岡山、広島、新山口、下関、門司、小倉の各駅で乗り換えがありました。帰りは一応飛行機を予定していますが超割(バーゲン運賃)です。旅に至った経緯を後ほど書きます。

関東に住んでいると、海といえば太平洋。ところが神戸を過ぎると須磨の当たりから瀬戸内海が見えてきます。島がとても多くて、進み行くうちに次々と表情を変える海です。そして九州では日本海(玄界灘)が見えます。見慣れた山や海の風景とはまったく違う景色を眺めるのはそれだけで栄養になるものですが、やはり人に会って情報交換が出来るのは、唯行く旅とは数段印象深いものがあります。ここ、羽犬塚で3泊目を過ごしながら、人との出会いというのは本当にいろいろな形があるものだなあと改めて思っています。

|

« 下関駅の悲劇 | トップページ | はめられたのかな »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60361/8210455

この記事へのトラックバック一覧です: 22時間:

« 下関駅の悲劇 | トップページ | はめられたのかな »