« 2005年11月 | トップページ | 2006年1月 »

2005年12月

2005/12/14

おかめ市が近づいてきましたよ

鳩ヶ谷の大きな行事の一つ、鳩ヶ谷氷川神社のおかめ市が近づいてきました。鳩ヶ谷管内のバスにはポスターが張り出されているので「あー、そうだ、もうそんなシーズンだ」と思わされますね。

12月23日、昭和橋交差点から浦寺交差点(浦寺というのがどこか分かる人は鳩ヶ谷市民でも古株でしょう)までの市街地バスどおりが午後から夜間にかけて通行止め。バスは迂回運転になります。

今年はいけそうです。ただ、昔はどこの市でも屋台の人たちのパフォーマンスや売り言葉がとてもおもしろくて味があったらしいですが、最近は物売りだけになっているのでちょっとね。でも暮れの押し詰まった感じを味わいに行きたいと思います。こういう行事は川口にはできない技。大切に守りたいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

”にんげんばとん”を引き受けたわけ

丁度コメントのお返事にもなるかもしれません。今回”にんげんばとん”を引き受けたわけは、自分の中のだめなところをさらけ出したかったんです。以前からご紹介している元共同通信記者の横川和夫さんの本を読んでいる中で、大阪にあるアトム保育所にぶつかりました。ここはNHKスペシャルで紹介されたこともあるそうですが、子どもの行動を保育士どうし、親も巻き込んで本音でぶつかりあい、保育士も子どもの親も成長するというおもしろい保育所です。人間同士のかかわりである以上、いいことばかり言っていられない、摩擦は承知の上でとことん話し合って子どもだけでなく大人も成長するんです。べてるの家にも共通するのですが、だめなものはだめという。出来ないことは出来ないという。相手の不足していることもはっきり言う。そんなところなんです。ありのままの自分をさらけ出すことで、じゃあ、ということで他の人がサポートに加わってくれる、そうして連帯しながら答えを模索していくんです。トラブルだらけで当たり前というところがべてるの家とそっくり。トラブルが起こったとき、逃げないで徹底的に話し合うことで、お互いの理解が深まる。サポートしあえるのです。

結局自分はいいかこっしいしか出来なかった。でもそれは仕方ないかもしれません。ここは多くの人に発信する場で、読者の皆さんに一人一人向き合えているわけではないから。個人として向き合った時はだめなところいっぱいあると思います。とくに自分は女性から手厳しい意見をもらうことが多かったです。職場の隣接売り場の同僚からパートさんの使い方についてあれこれいわれました。パートさんからも言われた。泣かしちゃったこともあります。その分サポートもしてもらえました。「しょうがねえなあ」という感じだったと思いますが、自分から見たら相手の「ここがだめ」というところもあったし、今思えばいい関係だったのかもしれません。

昔は人とぶつかり合うことは大の苦手でした。でも鍛えられたんでしょうか、最近は少しつらい時もあるけれどぶつかったほうが時間をおいて考えると豊かな出会いが出来ていたと思えるのです。相手ははた迷惑かもしれませんけれど。ごめんなさい。

今はひとつハンデとして病気があります。これにまつわるだめさ加減をお話しながら、それにまつわる自分の思いなども書き綴って行くこのスタイルを続けて行きたいと思います。読んで不快に思われる方があまり出ないような形で・・・。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005/12/12

調子悪さも中途半端なり

明らかに寝ているしかない、ものを考えるのもいや、お湯も沸かせないという状態の時、最近は早めに諦めをつけるようにします。少々苦しいけれど、楽になれる薬もないし、なにしろ寝るしかないのです。

しかし、昨日、今日と続いている調子悪さは違うんです。時間によっては料理も出来るくらい。でもおととい洗濯したものがまだ干せていない。パソコン画面を見ることも出来るが急にいやになったりする。こういうときの対処がまだ下手です。こういうときでも体調が悪いことには違いないのだからあきらめないとだめ。特に人との約束にあたっては自分の希望的観測を言ったりすると相手に迷惑が掛かる場合もあります。今日は古本屋さんのお手伝いの日だったので、希望的観測で「3時には何とか・・・。」といっておきながら、実際は表に出ることも出来ませんでした。町屋堂さん、準備して待っていてくれたそうです。申し訳ない。自分も寝ているのはいやだし、動けるのに甘えているみたいだし・・・と思ってつい希望的観測「今はだめだけど、もう少したてばなんとか」という奴が出てくるのです。迷惑かけるからもっと早く諦めをつけようと思った一日でした。コメント、メールのお返事お待ちくださいね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/12/10

チャリレディ

ワースト記録にはなっていませんでしたが、川口東口駅前の放置自転車といえばおそらく全国でも有数だったとおもいます。駅前はもとより、そごうの前、裏、ブックドームの前、樹モールとものすごい数の放置自転車がありました。統計に載らなかったのは通勤時間帯だけ監視員さんが10人以上回っていて見張っていたからです。そごうが開店する10時頃からはものすごくて、バス停まで占拠されるほど。そごうの裏手なんか二重に列が出来ていたんです。

ところがCASTYのオープンとともにそごう前の放置自転車が激減しました。あれ?と思っていたらなんと日中は「チャリレディ」のたすきをかけた女性が自転車整理に当たっているんです。所詮人海戦術じゃないと放置自転車はなくならないんですね。願わくばCASTYの地下に大きな駐輪場を作ってくれれば良かったんですけれどねえ。川口駅前は慢性的駐輪場不足です。よくみるとそごう前がきれいになった分ヨーカドーの川口駅前店方面やブックドーム前は以前よりひどい気がします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

増殖するパチンコ屋

西川口駅東口にフェストというビルがあります。以前は東武ストアが経営するファッションビルだったのですが、東武ストア本体の経営が悪くなって、どうも手放したようなのです。ミスタードーナツなどのテナントはそのまま、ビルだけずっと放置されていたのですが、先日西川口に行ったら、あらびっくり、パチンコ屋になっていました。来週オープンで会員募集中だったようですが・・・。それにしても川口駅前の丸井の跡もパチンコ屋、鳩ヶ谷駅前には巨大パチンコ店が出来ていまや鳩ヶ谷のランドマークになってしまいました。あの巨大パチンコ店には市民は複雑な思いを持っているでしょうねえ。確かに122号からも、尾久橋通りから続いて最近つながった第2産業道路からもいけるので車での来店は便利でしょうねえ。王子駅にもポスターがはってあるんですが、地下鉄で来る人もいるのかな。

公営ギャンブルが衰退する一方なのは、当然パチンコに流れているからでしょう。公営パチンコ屋なんて出来ないんですかね?なんだかものすごく儲かっているみたいじゃありませんか。あの儲けはいったいどこへ吸い上げられるんでしょうか・・・。川口駅前と西川口駅前はパチンコ屋が特に密集している感じです。西川口は相変わらずミニ歌舞伎町みたいですネエ。せめて駅をきれいに建て替えて欲しいものです。

ついこの間までは、川口駅前のパチンコ屋さんにはよくちんどんやさんがきていて風情があったんですけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/12/09

ひきうけます

ブログ上で、同じテーマを語る"バトン”というものがありまして、水井パセリさんから「にんげんばとん」のご指名を受けましたので書いてみます。こういう企画は鳩ヶ谷雑記開始以来初めてなのでなかなか難しいです。基本的に正直に自分のことを書きますが、「え?こんなこと書いているよ・・・。」と思われるぐらいが丁度良いのでしょうネエ。かたいことばっかし書いているから、、、この期に及んでまだかっこつけしいだとお感じの方はコメントでもひっそりとください。

1.回してくれた方に対しての印象をどうぞ。
知性とユーモアに満ちあふれた方という印象です。大変なこともいろいろあったようですが、そういうことを微塵も感じさせない、人を寄せ付ける魅力にあふれた方です。あと一つ、講演会でご一緒させていただいたのですが、ノートのとり方が全然違うのに唖然とさせられました。なるほど、ノートってこう取るんだと目からうろこの感動ものでした。

2.周りから見た自分はどんな子だと思われていますか?5つ述べてください。
(1)先のことを考えすぎて今を見ていない
(2)人のことばかり心配して自分をみていない
(3)過去を引きずる
(4)やらせればなんでも出来る
(5)にんげん駅すぱーと(コンピュータソフトよりあてになる)

3.自分の好きな人間性について5つ述べてください。
(1)素直
(2)許容力
(3)見せかけでない強さとしなやかさ
(4)好奇心旺盛
(5)チャレンジ精神旺盛

4.では反対に嫌いなタイプは?
(1)強がり(はっきり言って迷惑)
(2)逃げる
(3)はったりをかます
(4)やりもしないのに知ったかぶり
(5)激しい思い込み

5.自分がこうなりたいと思う理想像とかありますか?

ついこの間までだったら、自分が生きることで一人でも楽に生き延びてくれれば・・・と思っていましたけどそれは全然ダメですね。まず自分がこの世で一番大事。だから自分を大切にしてくれる人を大切にする。先のことは分かりませんが、周囲の人も自分も、このまま単なる病人では終わらないと思っているみたいです。

6.自分の事を慕ってくれる人に叫んでください。(叫ぶの?)

ヨセフを知っているみなさーん。来年もよろしく!です・・・。

7.そんな大好きな人にバトンタッチ!(印象つき)

んーーー、こんななんでもありなブログをやっている人がいたっけ?一応書きますが特別お知らせしませんので、目に付いて、やってもいいよ、ということならばお願いします。知らん振りしてスルーももちろんアリです。

まずさりげないユーモアが絶妙でいつもわらわせてもらっています。しんどいこともあるのに・・・すてきな奥さんなれるかな.のわさびさん。

表現活動にこだわりがあって、いつもチャレンジャー精神を遺憾なく発揮しているお友達、でも旅行中こんなことは書けないな。BREAKIN & BACKPACKER★DIARY.のなっちゃん。

いつも「へなちょこ」とご自身で言いながら、そのすばらしい情報収集能力と和ませるキャラで、きっと現場でもかつやくされているにちがいない、めんたるへるしーblogの運営者でもある... Four-leaf clover ....のがちゃぴん。さん

リリアで素敵なオルガン演奏を聞かせてくれ、差しいれの川口名物「太郎焼」をお母さまにも渡してくださったオルガニスト、文子アヤコAYAKO.の柳沢文子さん(リンクのところ「幡ヶ谷雑記」になっているので「鳩ヶ谷」になおしておいてくださいネ)。

こんなことを書いている暇があったら一冊でも入荷本の入力をしたいであろう、自分の(無給の)仕事先の店主町屋堂 店主本日のツブヤキ.の石村さん。

繰り返しますが、スルーで結構ですからね。うん?”にんげんばとん”なるもの、お受けしました。 mononohazumi/ウェブリブログ.にとらば返します。お怪我がたいしたことなかったようで本当に良かったです。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

差し迫ったお知らせ

わが親方新井からのお知らせを転載します。

今度の日曜日に若手新鋭琵琶奏者の塩高和之さんhttp://home.att.ne.jp/kiwi/Eclipse/と新井英夫が初ライブを行います。平家物語から現代曲まで、琵琶とダンスの奏でる世界。この組み合わせヨソではあんまり、ありません! 深く豊かな琵琶のノイズ的表現力、塩高氏の語りの確かな声のチカラに、新井の自由型ダンスが加わり古くて新しいの表現世界が広がります。古典と現代の耳と目をつなぐココロミ。どうぞご期待ください。
■12/11(日)、18時半開場、19時開演
■踊る琵琶 と 奏でるダンス・ 塩高和之 VS 新井英夫 初共演ライヴ『白い花 赤い蝶』
■於ライブハウス「音や金時」(西荻窪駅北口徒歩3分)http://www2.u-netsurf.ne.jp/~otokin/
■料金2100円+オーダー■予約問い合わせ/音や金時TEL:03-5382-2020杉並区西荻北2-2-14 喜志コーポB1e-mail: otokin@va.u-netsurf.jp 
●JR中央線・総武線・地下鉄東西線で西荻窪駅下車、北口より徒歩3分、西荻中央病院前。
(土曜・日曜は休日運転のため、中央線快速は止まりません。総武線・地下鉄東西線をご利用ください。)


さらに差し迫ったお知らせ。

明日12月10日は以前ご紹介した岡本桃子さんが、彩の国さいたま芸術劇場(与野本町駅から約10分)でオルガンを演奏します。これは普通のパイプオルガンとは違い、箱の中にパイプの詰まった大変珍しいオルガンです。こんなものを埼玉県が持っているんだ~、と驚くこと請け合います。共演は西谷尚己さん(ヴィオラ・ダ・ガンバ)で14時開演、30分ほどの演奏です。曲目はクリスマスにちなんだもののようです。お近くの方はぜひ。なお、このオルガンコンサートはホールではなく中央の吹き抜けの前で行われます(情報プラザと呼ばれているところです)。小さいお子さんがいても問題なく聞いていただけます。

自分は体調しだいで両方行く予定です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/12/08

98円

近所のスーパーで買ってきました。1メートル近い葉付き大根。スーパーのオーナーさんの畑で採れたものらしいです。つまり鳩ヶ谷育ちです。葉っぱは葉っぱで炒めて、本体はゆでて、さあ、何日分の食卓をうめてくれるでしょうか。これこそ「お値打ち」ですね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

外資系スーパーが失敗するわけ

カルフールといい、ウォルマートといい、何で日本では見当違いな売り場作りをするんでしょうか?その原因が今年の出来事の中でちょっと垣間見られた気がしています。

ウォルマートの本拠アメリカでは、ハリケーンによる洪水で多くの貧困層が街に取り残されてしまいました。被害が及ぶのが分かっていながら、脱出できなかった人たち。その多くは黒人系や移民系のように見受けられました。カルフールの本拠フランスでは移民の2世3世が、就職難と差別のために暴動を起こし非常事態宣言が出されました。履歴書に移民が多くすむ郊外の住所を書いただけで、求人企業はその履歴書をはじくそうです。

カルフールもウォルマートも低所得者向けの品揃えで業績を伸ばしてきた企業です。日本ではそこまで階層分化が進んでいませんから、一般の消費者のイメージは「安物しか置いていない」となるわけです。しかも先日西友の川口本町店で買い物して見ましたけれど、大きな値札ばかり目だって商品の良さがちっとも見えないんです。店を出る時には数字ばかり印象に残って商品のイメージがほとんどない。しかもジャスコで買い物したほうが品揃えもよく、安いです。あれでは苦戦するわけだと思いました。

日本進出に当たっては綿密なリサーチをしているはずなのに、なぜ本当の顧客層を見失うのでしょうか。

日本でも所得の2極分化が起きているといわれますが、自分の実感として所得の少ない人ほどコンビ二やファーストフードを利用する割合が高いように思えます。そして諸外国ほど所得格差はないというのが実感です。日本では「カトリーナ」なみのハリケーンならぬ台風が全国どこを襲ってもニューオーリンズのようなひどい事態にはならないでしょう。阪神淡路大震災の時でさえ食うや食わずという人は少なかったと思います。ところが統計上はどんどん所得格差が開いているらしいのです。なぜか。

ここで面白いところに着眼した人がいます。11月3日の日経新聞で紹介されていたのですが、大竹文雄さんという経済学者がその著書「日本の不平等-格差社会の幻想と未来-」で明らかにしているのは、「高齢化」が統計上の不平等に大きく影響しているということです。高齢者の経済格差はほんとうにすごいです。年金でかつかつの人もいれば、夫婦の年金で毎年海外旅行をしている人も、一財産作って生涯安泰の人もいます。こうした高齢者の比率が人口の中に占める割合が高くなってきたことが、結果的に国全体の統計上の不平等の広がりに結びついているという分析です。

もちろんパートと正規社員の賃金格差など広がっていることは確かです。しかし既存のスーパー以上の安売りを実態として求めるほどではないようです。ダイエーが失敗したのはコスト削減のために価値のあるものまで安っぽく見せてしまったことが原因だと思います。イオングループがバリューという言葉にこだわる(企業商品の「トップバリュー」や店名の「マックスバリュー」など)のは、日本の消費者が安物ではなく価値あるものが安い、いわゆる「お値打ち品」を求めているからだと思います。外資系のスーパーはそのあたりの分析ができていないと思わざるを得ません。お値打ち感の演出もきわめて下手です。今の西友はコストをつめすぎて、以前のダイエーみたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

通院日

今日は年内最後の通院日でした。最寄り駅を出ると、いちょう並木が見事に色づいて息を呑むほどきれいでした。ん、でも待てよ。もう12月じゃないかー。学生時代11月20日前後には自分の通っていた大学の近所の有名大学のいちょうがとてもきれいで良く見に行ったのを思い出しました。半月遅れですね。地球規模のものと別に、東京の温暖化が激しく進んでいると聞きましたが、今日いちょうを見てさもありなんとおもいました。都心部からたった30分地下鉄に乗って鳩ヶ谷まで来ると、ぐはっと思うぐらい寒いです。というより都心が暖かいんでしょうね。

火曜日からやる気0状態だったのですが、精神科の受診をしないと薬が足らなくなるので、のらない気持ちを無理やり振り絞って行きました。先週も火曜日から木曜日までやる気0状態だったので直前まであせりましたが、あせっても体は動かないんですからたちが悪いです。おとといからほとんど寝ていたので1か月分の日記のまとめも不十分でしたが、それでも「今出来ることをやることにした」ということと「古本屋さんのお手伝いを始めた」という話はしました。「デイケア&古本屋さん手伝いで週4日出かける用事があるというのは今までなかったから(確かに派遣で仕事をしていた時代は多くても週3日でした。それでも1ヵ月半くらいしか持たなかったのです)順調に行けばすごいですね」とのこと。すでに順調ではないんですが・・・。

32条の更新が来月なので診断書と申請書を書いておいてくれました。今回の更新はどうせ数ヶ月の効力しかないのですが・・・自立支援法の対象になるにはまた診断書が必要なんですかね?場合によっては2月ごろ精神科の担当医は受け持ち患者の診断書をいっぺんに書かなければならないんでしょうか?そんなことはないでしょうね。いやいや、どうなるんでしょうか・・・。クリニックの時は32条申請用の診断書は無料だったんですが、今通っている大学病院は3000円きっちり取りました。まあいいんですけど、はらっても。前のクリニックが対応良すぎでした。

次の診察は来年です。年も押し詰まってきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/12/06

進歩進歩!

今日は朝からやる気0の日でした。当然デイケアは欠席。メールもブログも、パソコンを枕元に持ってきて画面と向き合っては見るのですが、やはりだめで、何も書けません。ただこんな体調にもかかわらず18時頃から少しよくなったので夕飯の調理をしました。にんじんとジャガイモを切って、玉ねぎいためてから野菜全部投入。トマト缶を二缶ぶちこんでひよこまめの水煮をいれてことこと。1時間弱でカレーの出来上がりです。これだけ意欲にかけているのに、よく作れたなと思いました。自炊にだいぶ慣れてきたようです。負担感が減ってきたんですね。おかげで食費も減りつつあります。先月の食費は前月比8000円ダウン。今までが食べすぎだったみたいです。あと出来合いの惣菜って高いんだなと再認識です。今月は先月よりさらにシェイプしたいです。(食費だけでなく体重も・・・。)

ねた、たくさんあります。少しずつ書いて下書きで保存したりもしているので、また出る時はドカンと出ると思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/12/05

[ma]

[ma]はヴォーカルのayaさんとピアノ&コーラスのmayuさん2人組のデュオです。

プロフィールをフライヤーから引用します。

1999年6月15日大学4年の初夏。信州大学教育学部・音楽専攻で学籍番号が続いていた二人が、友達の誕生日に曲をプレゼントしようと、mayuが作った歌をayaが歌ったことがきっかけで結成。[ma]とはイタリア語の「でも」「しかし」という逆説語で、<一筋縄ではいかない、逆説から広がる可能性を求めて>という意味から。
2000年4月から、ayaは小学校、mayuは幼稚園で教職に就くが、2003年春より音楽活動に専念。10月29日に1stミニアルバム「Life-size」をリリース。長野・東京でのライブを中心に活動を続け、昨年12月1日、待望の1stフルアルバム「Una Voce」(ウナヴォーチェ)が完成、発売された。
そして2月2日には、2005年スペシャルオリンピックス冬季世界大会・長野公式サポートソングに決定の「Ring」が発売される。

彼女たちの歌をはじめて聞いたのは8月24日に下北沢のライブハウスで行われた企画イベント「una voce」。ここに以前紹介した戸田和雅子さんが出演していたので出かけたのがきっかけです。特にayaさんの幸せそうに歌う姿が印象的で、CDを買って聞くようになりました。それから3回ライブを聞いています。CD「Una Voce」は今、自分が寝る時にあれこれいらないことを考えないように聞く一種の子守唄として空気公団とローテーションで聞いています。そんな落ち着いた、けれども明るい歌ばかりです。CDは一般発売されていないのでインディーズを扱う店でないと手に入りませんが、一度聞いてみて欲しいです。ホームページ[ma] OFFICIAL WEBSITE.もご覧ください。

彼女らの活動はとてもユニークです。長野県内をベースにしているのです。何かのイベントなど、あちらこちらで呼ばれています。県内をあちらこちら移動しながら、月に1~2回東京へ出てくるのです。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005/12/03

手洗い・うがい

風邪がはやってきました。みなさん、いかがですか?風邪引いていませんか?

自分はいつもなのですが、これで風邪から逃れていると信じていることがあります。タイトルにもありますように、手洗い・うがいです。

自分は当然専門家ではありませんから詳しく解説できませんが、気をつけておきたいのは、風邪は空気で感染するばかりではないということです。実は手洗いもとっても有効な風邪の予防手段なのです。

父が食品関係の仕事をしているせいだったでしょうか、学校で教えてもらったのか、自分の手の洗い方はねんが入っています。手のひらを合わせてごしごしだけではありません。手の甲はもちろん、指を一本一本よくあらいます。続いて手のひらに爪を立てて爪の中をごしごしやります。さらに忘れていけないのが手首。ごしごしやります。それでも1分くらいですか・・・。食品担当者は衛生上もっとごしごしやるでしょうが(父の勤め先の工場にはトイレにセンサーがあったんですよ、昔のことですけれど、、ごしごし手を洗ってその手を機械の中に入れるんです。機械がうんというまで出口のドアが開かない仕掛けでした)、まあ1分くらい念入りにごしごしやったら良いのではないでしょうか。そしてうがいです。「がらがら」と声になるまでやらないとだめです。自分の身を守るためですよ。恥も外聞もわすれてやってください。ハイ、「がらがら」。2回以上やってください。

デイケアでは当然ながら、うがい手洗いをよく言われます。今、自分の書いてきたことをそっくり図にして貼ってありました。だから自分は教わったのかもしれませんね。

これは常識だと思いますが、風邪の予防薬というのはないんですよ。風邪薬というのは症状を抑えるだけで、予防どころか改善に寄与することもありません。えー?と思ったらこちら現役のお医者さんの記事をどうぞ。加藤眞三(消化器内科) 風邪かなっと思ったら。 - MELIT 医療情報リテラシー.ちゃんとそうかいてあるでしょう?さあ、明日からみなさんうがい手洗いを励行して風邪を引かずに冬を乗り越しましょうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2位ですか~

レッズ、圧勝したんですが、あと一歩でした。ガンバ、うーん逃げ切りましたね~。今年のスポーツは大阪盛り上がりますね。浦和の「力」に集まったサポーターの皆さん、ちょっとほろ苦いビールになっているかもナア。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/12/02

デビュー

今が0ならばやれることはいくつでもありそうです。ためしにここにリンクを貼っているオンラインの古本屋・町屋堂 home.のご主人に無理を言って、お手伝いさんとして使っていただくことになりました。町屋堂さんの仕事場は千代田線の町屋駅から、少し歩いたところにあります。駅まで5分という環境に慣れている自分には割りと長い道のりです。さらにバスを使わず、赤羽岩淵駅からJR赤羽駅までも歩くことにしました。こちらは地下鉄が出来た頃は本当に「不便・不便」と思っていたのですが、歩いても10分かかりません。よく考えれば新宿や東京、上野といったターミナルの駅では端から端まで10分近く掛かる駅もあるではないですか。それを考えればたいした距離ではないのです。

実は今通っているデイケアのある病院は都内で、町屋に行くのと同じくらいの時間と運賃がかかります。デイケアはさらに利用料が掛かりますけれど、お手伝いですからこちらから払うお金はないのです。それで古本屋さんのお手伝いを月・木、デイケアを火・金に設定し無理なく退屈しないスケジュールを組んでみました。古本屋さんのお手伝いは無給、交通費も自己負担ですが、体調が悪い時はデイケア同様お休み、ごめんなさいをします。その日にならないと体調が分かりませんから町屋堂さんにとっては「あてにして良いのやら、わるいのやら」という感じになりますので、それでちゃらということにさせていただきました。

月曜日、お手伝いデビューはちょっと遅刻してしまいました。前の日にご飯を炊いたのでちょっと昼ごはんをそれなりに食べて、片付けて、なんてことをしていたら、うちを出るのが1時近くになってしまったのです。結局2時からの作業となりました。新着本の入力作業です。業務用なのでI bookなんですね。うちのバイオとはちょっと勝手が違うものの、毎日これだけ文章を書いているのでタイピングは(タッチタイピングではありませんけれど)それなりに問題なくこなしていけました。続いてスチール写真の整理。写真に貼ってあるトレーシングペーパーのセロテープを取るというデリケートな作業です。あせらずそろりそろりとはがしていきました。そんな作業で17時になりました。お子さんを保育園に迎えにいく町屋堂さんとともに退出。自分はまたてくてく歩いて帰ってきました。

自分にとっては丁度いい仕事の中身です。しかも相手のあることなので自分の中で仕事モードになれるのがいいです。通勤時間も丁度1時間くらい。歩く時間が長いので体も温まり、帰宅後すぐに風呂へ入ることが出来ました。

実はその後火曜日から木曜日までまるまる寝てしまったので、2回目の予定日、木曜日にはさっそく「すいません、いけません」てなことになってしまったんですが、、、今後ともひとつよろしくお願いします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

来年の経済

来年はアメリカ経済が相当荒れるのではと思っています。なにしろ18年もアメリカの経済を神業のようにコントロールしてきたFRB(連邦準備制度理事会・フェデラルファンド金利というのが日本で言う公定歩合と(イコールではありませんが)同じようなものです)のグリーンスパン議長が引退します。後任にはつい先日バーナンキさんという方が選任されましたが、市場はその力量を試そうとしていろいろな動きが出てくるのは間違いありません。

アメリカは財政赤字と経常収支(貿易上の赤字)という双子の赤字を抱えています。つい最近まではこの点が注目されてドルが売られ、一時1ドル100円に迫る円高になりましたが、インフレ懸念からFRBがたびたび利上げをした結果、ドルと円の金利差が注目され数年ぶりの円安水準までドルが買い戻されました。しかし、来年は円高が進むのではないかと思っています。

アメリカの好景気、特に消費の好調さのうらには住宅価格の暴騰があります。もうずっと言われ続けているのですが、アメリカでは住宅価格がここのところずっと上がり続けていて、地域によってはバブルの様相を呈しているそうです。アメリカでは住宅の資産価値が上がっている今、その上昇分の資産価値を担保にして銀行が個人にお金を貸す仕組みがあるのだそうです。専門家ではないので詳しくは分からないのですが、日本でバブル時代に土地を持っていればいくらでも銀行がお金を貸してくれたのと似ていると思います。IOローンというのもあって、当初5年から7年は利息だけ払い、元本はそれ以降返せばいいのですが、多くの人が元本返済時には家を売ってしまえば転売利益が出ると考えているそうです。これ、日本が景気対策として住宅金融公庫のゆとり返済制度を設けたのに似ています。将来の賃金上昇をあてにして、はじめは支払いを少なく、だんだん支払額を多くするというローンです。実際はバブルが崩壊して賃金は上昇せず、増え始めたローンの返済に行き詰まった人たちの自己破産が多発しました。しかもアメリカもいよいよ住宅価格の上昇が止まりつつあるといいます。歳末商戦の出だしは好調という話ですが、住宅価格が下がり始めるようなことになれば景気にダメージが出てくるのは必至でしょう。FRBとしてはこれ以上金利をむやみに上げられないのではと思っています。

金利の格差がこれ以上増えないと見られたとき、そしてアメリカの景気に少しでも悪い兆候が出た時、今度は先の双子の赤字がまた問題視され始めるのではないかと考えています。実際11月25日の日経新聞マーケットウオッチャーによると欧州の大手金融機関UBS、ドイツ銀行が1ドル90円近い円高を予想しているそうです。

昨今の株高も外国人投資家は来年の円高を予想し、今日本株に投資して円高になったら売却して為替差益を取ろうとしているとも言います。もっとも今の円安はドルの金利高に目をつけてドルを買っている人のほうが多いということではあるのですが・・・。来年急激に円高に振れた時、日本の企業収益はどうなるでしょうか。

金の価格が非常に上がっているというのも、ドルの信認が弱まっていることの裏返しと見えなくもありません。

アナリストではないので結論めいたことはいえませんが、いろいろな要因が重なって来年は経済が荒れるんじゃないかなと想像しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/12/01

困っています

ここのところココログが異常に重くなっています。ひどい時はみなさんのコメント投稿すらできなくなっている状態です。どうなっているのかと思っていたらココログユーザーさんのこんな記事が・・・。new雑記帳: ココログが超重たい!なんとかして!!.
さきほどこちらのブログにコメントを書いて送ったのですが、はじかれてしまいました。一度書いたものがはじかれてまっさらになってしまったら書く気なくしますよね。もしそういう思いをされた方がおられましたら、誠に申し訳ありません。原因は皆さんのパソコンではなくこちらに原因があります。対処しあぐねています。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

« 2005年11月 | トップページ | 2006年1月 »