« あきらめることの効用(当事者性の回復その2) | トップページ | 見切り発車 »

2005/09/22

リリアのオルガンコンサート

10月12日(水)のリリア・プロムナード・コンサートは柳澤文子さんの演奏です。柳澤さんはこの鳩ヶ谷雑記も時折読んでいて、先日はコメントもいただきました。やはり芸大の卒業生です。
柳澤さんのホームページです。ブログもあります。ayako yanagisawa.

入場は無料です。15:00と19:00の2回演奏があります。お近くの方はぜひお越しください。

オルガ二ストのみなさんはトークが本当に苦手で困るようですね。もう一人友人で、彩の国さいたま芸術劇場でオルガンコンサートを控えている友人もトークが苦手で、どうしようかと頭を抱えているそうです。後ほどご紹介します。

|

« あきらめることの効用(当事者性の回復その2) | トップページ | 見切り発車 »

川口・鳩ヶ谷」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

トラックバック&ご紹介、ありがとうございます!

トークにはいつも頭抱えております。でも少しずつマシになってきているので、このまま頑張ろうと思います。

オルガニストでも得意な方も沢山いらっしゃいますよ~。うまい人がいるから、「あ、出来るんだ、またやって貰おう」ってことになるみたいです。それにオルガニストはそういうコンサートを頼まれることが結構多いです。マルチオルガニスト!?が求められているようです。世の中大変ですね。

投稿: AYAKO | 2005/09/22 22:06

AYAKOさん、こんにちは。
我が家はは赤羽・川口・西川口へバスで出られるロケーションです。地元と言ってもいいです。今日も原田さんがが合唱団の伴奏をするということでこれから行こうと思っています。オルガンメインでなくても結構使われている機会はあるのかもしれませんね。
オルガ二ストさんに限らず、ライブハウスでミュージシャンの演奏を聞くときでも、やはり聴衆はトークも楽しみにしている部分があります。別にマルチなタレント性を求めるのではなく、アーティストさんと距離を縮めたいと思うんですよね。だから別に凝らずに・・・と言う感じでしょうがやはり話す方は考えますよね。

投稿: なんちゃん | 2005/09/23 15:26

再びAYAKOです。

一つ前の記事の「あきらめる」。良い記事ですね!私は今までもずっと 「あきらめる」 を基本に生きてきたように思います。嫌なことがあって最初はすごく怒るけども、それをすぐ笑い話にしてしまったり。しょうがないものとして、全部受け入れる。

興味深い記事が多いので、時折遊びに来てます。もし良かったら、私のブログにリンクさせてください。

投稿: AYAKO | 2005/09/23 18:49

AYAKOさん、こんにちは。

いい話ですね。すぐ笑い話に出来るその心の健やかさが、直接お話させていただいた時の印象やホームページの明るい印象につながっていると思います。

ブログのリンク大変光栄です。よろしくどうぞ。こちらもリンクはっておきますね。

投稿: なんちゃん | 2005/09/24 16:02

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60361/6058602

この記事へのトラックバック一覧です: リリアのオルガンコンサート:

» 川口リリアホール [文子アヤコAYAKO]
今日の静フィルとのコンサート。おかげさまで無事?終わりました。 お世話になった皆様、きてくださった皆様、ありがとうございました。 コンサートの感想は、また後日と言うことにして次の紹介をします。 10月12日(水)15時〜 & 19時〜。川口リリアホールにて。 *50分くらいのプログラムを2度やります。オペラシティのオルガンと同じ、『クーン』の楽器。 そう、明後日なのです。すぐです! サ... [続きを読む]

受信: 2005/10/10 01:02

« あきらめることの効用(当事者性の回復その2) | トップページ | 見切り発車 »