« 明日はカウンセリング | トップページ | 快復傾向 »

2005/09/15

ACと恋愛

このカテゴリーで記事を書くのはなんと半年振りです。

アダルトチルドレン(AC)の結婚というのはなかなかうまくいかないことがあります。ACの人は親の愛情に飢えていますので、それを手っ取り早く恋愛で補おうとする傾向があるんですね。それで表面的な優しさに惹かれて結婚して、あとで「こんなはずではなかった」と後悔するパターンがとても多い。普通にに愛情を示してくれる人では何か物足りないような気がしてしまうんですね。親が問題だらけだから人間関係でスムーズにいくとかえって不安を覚えてしまう、そしてわざわざ問題のある人と付き合う傾向があるというのは統計的にも裏付けられているんです。

自分の今までの恋愛傾向をふと考えてみたのですが、自分は言い寄られてデートしたりしたことはありますが、喧嘩したり気持ちをぶつけ合ったりしたことが無いんです。表面的な部分しか相手に見せられず「いい人」を最後まで演じてしまうことが多かったと思います。ACならではの複雑な感情を理解して欲しいと思いつつ、分からないと嫌だなと思ってシャッターを閉じてしまいます。多分付き合った人は、なんだか自分の周りをぐるぐる回っているだけでなかなか中へ入れないと思ったことでしょう。逆に一人でいる時、普段は平気なのですがひょんなことで自分の方が好きになってしまった場合、さらに厄介です。「いつも自分を分かってくれる人が欲しい」と思っていますが、自分の「何を」分かって欲しいのかと問われた時言葉に詰まります。自分でも良く分かっていないのです。だから言葉に出来ないまま、気持ちだけが膨らんで、突然電話して告白したりして振られる・・・。このパターンが多いです。自分自身との向き合い方がまだ足りないんですね。

両親の間に信頼関係が無いから、自分も異性と付き合う、結婚する、一緒に暮らすというのがどうも信じられなくて、20代前半には「他人と一緒に暮らせない」と思っていました。3ヶ月くらいの付き合いで結婚を決めた同僚がいるとほんっとうに信じられなくて・・・。

実は、年賀状事件以来ぷっつりと途絶えていたこの方面の話が、また出来そうです。今度はうまくいくといいなあと思いながら書いています。「電車男」みたいですね。展開がありましたらまたお知らせします。(するのか?)

|

« 明日はカウンセリング | トップページ | 快復傾向 »

恋愛」カテゴリの記事

コメント

お‐ッ!!!刺さる刺さるっ(笑)多分私もACね。親の愛情はいただいてましたが、自分の望む形ではなかったし、重荷でしたから。昔から結婚願望が薄い反面、結婚するなら誰よりも幸せな家庭を築きたいって相反する二つの事を思ってましたからね~(笑)今はかなり落ち付きました。なんちゃんも自分と向き合って、頑張れ。心の病は自分にしか治せない。最近本当にそう思う。でも自分だけでは治せない。微妙なお年頃ですね(笑)

投稿: さとみん | 2005/09/24 23:57

さとみん、こんにちは。調子はどうですか?

この記事が「刺さる」(笑)としたらやっぱりACだろうねえ。自分も結婚するなら誰よりも幸せな家庭を築きたいと思っていました。確かに相反する感情ですよね。

コミュニケーションということを最近ずっと考えていて、いいことも悪いことも口で言わないとわからないよな、でも言葉にならない思いが自分の中にもまだまだ沢山あることに気づいて、どうするんだこれ?と思っています。多分2人でいる方が、言葉にしやすいのではないかと期待しています。それに2人のほうが楽しそうだよ。さとみんも懲りずに恋愛してくださいね。

投稿: なんちゃん | 2005/09/27 17:37

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60361/5961171

この記事へのトラックバック一覧です: ACと恋愛:

« 明日はカウンセリング | トップページ | 快復傾向 »