« うそつき | トップページ | 鳩ヶ谷雑記だから »

2005/08/24

胸に手を当てて

昨日、怒りの原因と言うことではしたない文章を書き込みましたが、あれからかえってすっきりしないのです。なんだか自分がすごく了見の狭い人間に思えてしまうのです。ああいうやりとりなので怒りはわいて当然なのですが、それをこういう公の場に出してしまうことが、結局自分の胸の中に押さえ切れなかった、だめじゃんという気持ちになってしまいます。

考えすぎですか?でも体調もいまいちになっているんです。まあ心の問題に敏感に反応しすぎるのかもしれません。

胸に手をあてて、やっぱり恥じだと思えば、消すかもしれません。

#追記:自分の心の中の逡巡をこんなところで書いてしまうのがいいのかどうか分かりませんケド・・・。
自分を信じる心はきちんとあったほうが良いと思うのですが、プライドなんてものは低くければ低いほどいいと思います。プライド高い人は心根の弱い自分をプライドと言う「よろい」で守っているようなところがあってつきあいにくいものです。上司にもつと最悪です。高尾山の寺の入り口にいろんな格言が書いてあって恥じ入ることが多いのですが、特に良く覚えているのが「高いつもりで低いのが教養、低いつもりで高いのがプライド」というものでした。そんな事柄と照らし合わせながら布団の中で(ちょっと調子が悪いです)もんもんとしています。

|

« うそつき | トップページ | 鳩ヶ谷雑記だから »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60361/5613282

この記事へのトラックバック一覧です: 胸に手を当てて:

« うそつき | トップページ | 鳩ヶ谷雑記だから »