« 消え行く赤バス | トップページ | こちらも転載歓迎 »

2005/07/19

わが親方

もう随分と筆が滞っている「演劇に魅せられて」シリーズでゆくゆくはご紹介するはずだったのですが、とりあえず人だけ先にご紹介します。わが親方ともいえる唐元気(最近はもうこの名前使っていませんが)こと新井英夫さんです。高校時代の落研と演劇部の先輩であり、それからずーっとのお付き合いです。自分は略歴にある電気曲馬団時代に制作や会計の仕事を請け負ってサポートしていましたが、なんといっても教えられたことがとても多い、多すぎるくらいです。自分の友人関係でも親方新井のつてで友人になった方が多いです。この方と出会わなかったら、こんな病気になってすごく孤独だったでしょう。

略歴とコンセプトをJCDN DANCE FILE VOL4.から引用します。

略歴 
1966年 埼玉県生まれ。
1987~96年 電気曲馬団を主宰、まちと身体表現の関わりを探りつつ大道芸や野外劇を行う。
1989~98年 からだのことを深く知りたくて野口体操を創始者野口三千三のもとで学ぶ。
1997年 独学で本格的に踊り始める。現在までカナダ・マレーシア・ハンガリー・ドイツ等と国内各所で踊る。海外アーティストとの滞在型共同制作公演も多数。

コンセプト
国や文化や世代が違っても誰もが「からだ」をもって生きている。話す言葉が違ってケンカしても、「からだ」と向き合うことで共通性も見えてくる。恋人と手をつないだらドキドキすること、生まれたらいつかは死ぬこと、死んだら大地に還ること…、これらは同じだ。私という個から出発してどこまで「からだ」の奥底にある共通性とひびき合うことができるか?できればお互い元気になれるか?そういうことに興味と希望を持って踊っています。


ということで、ほとんど更新されていないのですがホームページDANCE-LABO KARADAKARA 新井英夫.もあります。


新井さんと、先日友人としてご紹介した原田靖子さん鳩ヶ谷雑記: わが友.のコラボレーション企画などがあります。お知らせをもらったのですが、転載歓迎と言う事ですのでこちらにどどーんと載せちゃいます。


■■■8/5金 フェリスホールオルガンシリーズvol.6 「オルガンに踊る」■■■
(「横浜みなとみらいホール夏休みオルガンわくわく大作戦」関連企画)

今注目の新進若手オルガニスト原田靖子さんのコンサートでのひさびさのソロダンス。前半まずは
スペインの16世紀のバッハ以前の珍しいオルガン曲で踊ります。この曲、オルガンの静謐や崇高といった
ありがちなイメージをいい意味で裏切り、ギラリと照り付くスペインの太陽のような野蛮さを持つものです。

後半は、「パイプオルガンになろう」と題してワークショップも行います。ペットボトルを吹くと
あんがいイイ音がするのをご存知ですか? ペットボトルや瓶を吹いてオルガンの構造を体感しながら
「人間パイプオルガン」をやります。その他ポジティヴオルガン(小型パイプオルガン)との即興ダンス
セッションもあり。もちろん原田さんならではの粋な選曲によるオルガン演奏もたっぷりお楽しみい
ただけます。大盛りスペシャル冷し中華のような贅沢なコンサートです!!

●オルガン演奏 / 原田靖子    ●ダンス/ 新井英夫
●8/5金19時~20時半      ●場所: フェリスホール(JR石川町下車歩10分)
●入場料: 一般2000円 中高生以下無料 ●問い合わせ 045-812-8393フェリス女学院生涯学習課
●詳細地図やフライヤーはここで http://www.ferris.ac.jp/menu/index08.html
※先着5組(2名1組)計10名様までご招待できます。arai-lab@d5.dion.ne.jpまで直接メールください。

■■■8/8(月) 「なみ・うつ・いき Wave / Pluse / Brease」ダンスと太鼓と尺八ライブ■■■

シンプルに考えて、国や文化が違っても人なら、呼吸している、心臓が鼓動を打つ、ということはみな同じです。
自然のできごとでも、地球の上なら、どこへいっても、風が吹く、雨垂れがリズムを刻む、ということもまた同じ。
さかのぼれば、wave/pulse/breathは、さまざまな境い目を越えて、来し方行く末のそこ・ここに存在しています。

そんなことをてがかりとして、アメリカ・カナダ・日本から出自の異なる4人のアーティストが集います。
尺八/笛(クリストファー)、古今東西パーカッション(パトリック)、そしてダンス(片岡道人、新井英夫)。
音楽とダンスの根源にあるwave/pulse/breathといった「ことば」で、わいわい・がやがや・ひそひそと、
夏のひと夜いろんな「おしゃべり」を交わそうと思います。

 出演 :●モダンダンス:デヴィダス(片岡通人)
 http://www.mall.mitaka.ne.jp/webmall/img0093sarasya/top.htm
 ●ダンス:新井英夫
http://www.h2.dion.ne.jp/~hideo-a/
●パーカッションパトリック グラハム (カナダ モントリオール在住、アイリッシュの打楽器を中心とした
    フレームドラムの達人!!! 「鼓童」で研鑽を積むなど邦楽にも精通)
http://www.patrickgrahampercussion.com/index.htm

●尺八 クリストファー遙盟(米国出身 東京在住)
http://www.yohmei.com/Jbottom.htm

●8/8月 19時開演 ●会場: 沙羅舎B1F舞遊空間(JR三鷹駅南口歩6分)
●会場への地図はここで http://www.mall.mitaka.ne.jp/webmall/img0093sarasya/top.htm
●チケット 前売り3000円 当日3500円
●予約お問い合わせ :沙羅舎企画室0422-42-3281(担当町田) anata1946@k4.dion.ne.jp
※もしくは、新井 arari-la@d5.dion.ne.jpまで直接メールください。
「特別価格」にてチケットをご用意いたします。


オルガンコンサートに関しては、ペアでご招待となっていますが、おひとりでご覧になりたいという方は、なんちゃんあてにメールをください。(プロフィール画面から送ることが出来ます)


|

« 消え行く赤バス | トップページ | こちらも転載歓迎 »

文化・芸術」カテゴリの記事

演劇」カテゴリの記事

自分の事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60361/5049794

この記事へのトラックバック一覧です: わが親方:

» 横浜市で、0歳からのコンサートを開催!!親子2400人が堪能!! [神奈川密着!!地域密着型ブログ・ほしぞらの観える街]
こちらも昨日20日(水)の{/pen/}神奈川新聞“ぐるっとかながわ”から 『カナロコ・0歳からのコンサートに親子2400人/横浜』 という気になる記事を見つけました。記事によると、 “「0歳からのオルガン・1ドルコンサート」が19日、 横浜市西区の横浜みなとみらいホールで開かれた。 約2,400人の親子がパイプオルガンの音色を堪能した。 コンサートは主に2歳児までを対象に2回に分けて行われた。 2回目は歌手・しゅうさえ... [続きを読む]

受信: 2005/07/22 23:54

« 消え行く赤バス | トップページ | こちらも転載歓迎 »