« 出生率また1.29 | トップページ | 子どもに見せたい? »

2005/06/02

自分が大事

午前中、うつ病の管理人さんの運営するブログのいくつかを読みながら、コメントをつけたりしていたのですが、なんだか大変な日常を送っている方が多くて、「大丈夫、大丈夫」となだめたりしているうちに自分もつらくなってきて、午後出かけられなくなってしまいました。何やっているんだろう、自分。

人に元気を与える為には、自分が元気でいなければダメです。自分が参っていてどうする。まず自分が大事。自分の気持ちを自分で支えることが出来ないで、人の気持ちを支えられるわけない。いやいや支えるなんておこがましい。そばにいますよと言うことを伝えて寄り添うくらい。一人の人間が出来ることなんてたかが知れているのだから。

わかすぎさんの夜回り先生応援ブログ:今、我々にできること[その7]『「いいんだよ」を言ってあげる』.に出てくる「いいんだよ」と言う言葉も自分に余裕がないとなかなか言えないものだと思います。世の大人がこれをいえないとしたら、それだけ大人も追い詰められているのかもしれませんね@nifty:NEWS@nifty:自殺者は2年連続3万人超(共同通信).

大事にしましょう、自分。

|

« 出生率また1.29 | トップページ | 子どもに見せたい? »

うつ病」カテゴリの記事

コメント

なんちゃんさんこんばんは。

なんちゃんさんが仰っていること、すごくわかる。僕も、「自分が元気でなければ人に元気を与えることは出来ない」のではないかと思っていました。僕が、水谷修先生と同じくらい尊敬する方がいらっしゃいます。NHKのドキュメンタリー番組「ようこそ先輩」などでも卵を高いところから落として、如何に割らないようにするかという実験で有名な、生田幸士先生がその人なのですが、私が、同じNHKの「ブレイク・スルー 最先端の創造者達」を見て感動したことをメールに書いてお送りしたら、しばらくして、お忙しい中、大変丁寧なお返事を頂きました。その中で私が「幸せな人にしか「不幸な人」を救うことが出来ない」という話をさせて頂いたら、こうお答え頂きました。

>確かに、『幸せな人にしか「不幸せな人」は救えない』かもしれませんが、
>その逆もありえます
>かつて不幸だった人が、後の不幸な人を救えること多いです

僕は、この言葉に、自分の肩の力が「フっ」と抜けるのを感じました。そして、その通りだと思いました。力を入れすぎだったと反省しました。あるがままの自分でいい、それを見せるのも「あり」なんだと。

投稿: わかすぎけん | 2005/06/03 00:18

わかすぎさん、どうもです。

自分が今まさにその「かつて不幸だった人が、後の不幸な人を救う」心意気で精神科ソーシャルワーカーを目指しているわけです。ただ、心の状態は常にベストにしておかないと共倒れしやしないかという気もするんです。

まあ、でも肩に力を入れないのは何にしてもいい事ですね。今病気の快復に向けてとても大事だと思います。心に留めておきます。

投稿: なんちゃん | 2005/06/04 23:48

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 自分が大事:

» 今、我々にできること[その7]『「いいんだよ」を言ってあげる』 [夜回り先生応援ブログ]
水谷修先生は、連日、講演会で忙しい毎日を送られています。今年はいったいこれから何講演されるのでしょう・・・。   さて、今日は、カテゴリー「今、我々にできること」の[その7]です。それは、水谷先生の言葉でもあります。そして、間違いなく、この言葉が悩... [続きを読む]

受信: 2005/06/02 21:21

« 出生率また1.29 | トップページ | 子どもに見せたい? »