« 今日も箇条書き | トップページ | イトーヨーカドー三郷店のオープン »

2005/05/23

岡村市長再選に思う

川口市では昨日市長選挙と市議会議員補欠選挙が行われました。市長選では現職の岡村氏と共産系の無所属の候補との争いになり、実質的には岡村氏の信任投票的色彩が濃い物となりました。投票率は30%台だったそうです。

岡村氏は、鳩ヶ谷から見れば3市合併の破談の引き金を引いた人物と言うことで複雑な思いがあります。彼がしかし破談させなければ川口市という名前がなくなっていたわけで、川口から見れば市の名前を守った功労者と言うことになるのでしょう。自分も今では、もし再度合併話が進む場合は川口市にするのが適当かなと思っています。というのも合併後既存の市名を使っていないところは、一体どこなのか分かりにくくなっているからです。埼玉県内で他にも破談した彩野市や桜宮市など実現していたらやはりよほど経緯を注目していた人間でなければどこのことだか分からなかったでしょう。

5月の県民便りによれば県北や秩父地方を中心に合併協議のまとまったところがいくつかあるようです。その例を見ると「ふじみ野市」以外はすべて既存の市(町)名で調整されているようです。やはり一番これが妥当なのでしょう。

蕨の田中市長は任期中に再度合併協議はしないとしています。鳩ヶ谷の名倉市長は未だに合併を模索しています。吸収合併でもいいという意向のようですが、川口市は否定しています。川口市としてはさいたま市に追いつきたいという一念が強く、政令指定都市を狙える70万の人口にならなければメリットがないと考えているようです。当初戸田や草加も巻き込んでの合併を目指したのはそういういきさつがあったようです。

岡村氏というのはちょっと感情を表に出しやすい人なのかなという思いがあります。川口元郷駅駅前広場完成イベントで最後に挨拶にたった岡村氏は公衆の面前でイベント担当者に向けて「こんなイベントじゃダメだ」とダメだししていました。しませんよね、普通。

ところで鳩ヶ谷市民としてカチンとくる話があります。最近のマンションラッシュはすさまじい物がありますが、先日「教えてgoo」に鳩ヶ谷市内のマンションを買いたいのだがと言う投稿があり、マンション業者が「どうせ来年には川口市に合併しますから」というのを売り言葉のひとつにしているというのです。そんなに鳩ヶ谷が嫌かい、ふーん。

いずれにしろ川口市の施策は鳩ヶ谷市にも影響のあることなので、これからも注視していかなければならないでしょう。

|

« 今日も箇条書き | トップページ | イトーヨーカドー三郷店のオープン »

川口・鳩ヶ谷」カテゴリの記事

コメント

川口市が大幅な行財政改革を出しました。
新聞(毎日、埼玉版)に寄れば、職員の自然減による補充(新規採用)は行わない
出資している法人の見直しなどです。

投稿: 昭鉄鳩ヶ谷 | 2005/09/09 11:23

税収減や地方交付税の削減などで、川口に限らずどこも行財政改革に取り組んでいますね。市営バスなどの民営化や公立病院の民間委託など。地方へ行くと「こんなところでも市営バスなんだ」と言うようなところ、多いです。病院の民間委託は難しいと思いますが、徳田虎雄なんかは徳洲会病院を受け皿にして全国の病院をネットしようと考えているようです。

投稿: なんちゃん | 2005/09/14 18:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60361/4244519

この記事へのトラックバック一覧です: 岡村市長再選に思う:

« 今日も箇条書き | トップページ | イトーヨーカドー三郷店のオープン »