« 前橋 | トップページ | 中国における反日行動 »

2005/04/13

小児科が危機!

川口・鳩ヶ谷地域では、川口市立医療センター・川口工業病院・済生会川口総合病院の3病院が地域中核病院となっています。例えば川口市の小児科夜間・休日救急外来は前掲の3病院が交代で当たることになっていますし、済生会川口総合病院の建替えにあたり鳩ヶ谷市は500万円の補助金を出しています。

自分も特に済生会川口総合病院には随分お世話になっていまして、精神科の頓服を追加してもらったり、皮膚科、消化器内科などいろいろな科にカルテがあります。

今日皮膚科の受診で済生会川口総合病院を訪れた時、時間があったので玄関先の各科の張り紙を読んでいたところ、小児科の掲示に目が留まりました。「昨年12月より、以前から医師派遣をしていた順天堂大学病院小児科からの医師派遣がなくなり、当院を含む関東の5つの基幹病院の小児科が廃絶の危機にあります」というのです。その上で対応策として「当面6人の医師がいたところ、4人で対応すること」ということで、「当直のいない日の時間外診療は対応できない」との記載がありました。

済生会川口総合病院は川口・鳩ヶ谷以外に戸田や蕨の患者さんもいますので実質的には70万人に対する基幹病院のひとつです。こんな都会の病院でも医師が足りないというのにはびっくりしてしまいました。

小児科に関しては、手間ひまがかかるわりに診療報酬が低いということから、医師が不足しているというような話は聞いていました。しかしそれは地方のこと(地方の方には申し訳ありません)だとばかり思っていました。東京に隣接するこんな都市部でよもや医師不足により小児科廃絶の危機が迫っているとは思いませんでした。

川口市を事実上中核とする4市では、都心に近いことや鉄道の新設などにより最近マンション開発ラッシュが起こっていて、特にファミリー層の人口が増えつつあります。子どもたちを安心して育てることの必須条件の一つが、小児医療体制の充実でしょう。それが裏切られるとしたら問題は深刻です。

この問題は川口・鳩ヶ谷だけの問題とは思えません。県レベル、あるいは国レベルで対応していかないといけない問題だと思います。意識を持ってこの問題を追っていこうと思います。


追記:この記事はエキブロ・メディカルにそのまま投稿します。

|

« 前橋 | トップページ | 中国における反日行動 »

川口・鳩ヶ谷」カテゴリの記事

コメント

こんにちは^^
小児科の医師が足りないとう話は前々から
マスコミでも取り上げられていましたね。
しかし、やはりこれは他人事などではなく
私たちの身近にあることなんだと、改めて思いました。
特に、鳩ヶ谷においてはマンションラッシュですよね。

私が通っていた小学校ですが、私が居た頃は
6学年とも平均で6クラスはありました。
しかし卒業後数年経った頃には6学年とも平均して
3クラスしかないということでした。

でもこの話はかなり昔のことです。
そして現在。母に聞いたところ、このマンションラッシュもあり
今や小学校は子供たちがギュウギュウ詰めと言っていいくらい
多くなっているそうです。
ということは、鳩ヶ谷には市立病院もありませんし
個人病院での小児科も少ないわけです。

やはり皆さん、小児科に限らず出産に至っても
川口市の病院(小児科)を頼りにしているわけなんですよね。
小児科の危機問題は鳩ヶ谷川口に限らず全国的な問題ですよね。
何だか何をどう言いたいのか頭がこんがらがってきましたが、
これからの未来、親たちが安心して子供を育てられる社会、環境になってほしいです。
そうすることで子供たちもまた生きやすい社会にもなるでしょうし
孫に世代へも良い環境を残せるとも思うのです。

親にとって小児科は絶対です。
医師にとって小児科勤務は大変過酷なものだとは思いますが
行政ももっとこの事に関して真剣になってほしいものです。
すみません・・・長々となってしまいました。
では^^

投稿: 波音 | 2005/04/15 13:12

波音さん、いらっしゃいませ。こんにちは。

医療に関しては、鳩ヶ谷は単体ではどうしようもなく、休日急患当番医も川口と鳩ヶ谷は相互乗り入れです(川口市の当番医にも鳩ヶ谷の医院が組み込まれています)。蕨は市立病院を持っていますし、戸田も大きな病院があるのですが・・・。とはいえ実質的には4市共同と言う部分もあると思います。済生会病院は西川口という場所柄戸田・蕨の患者さんも多いです。

おっしゃるとおり、親御さんにとって小児科は絶対でしょう。エキブロ・メディカルの方で頂いたコメントによれば、大阪の吹田・豊中・箕面・能勢などでも同じ事態が起きていて、小児科医を集約して大きなくくりの中でひとつの病院を広域救急指定にして対応しているそうです。しかし地元の病院に小児科医がいないというのはお母さんたちにはかなり心配なことのようです。それはそうですよね。

大学病院を責めても何も出てこないといわれますので、国としての対応が早急に必要だと思います。地方はもっとひどいことになっているのではと危惧します。

コメントありがとうございました。

投稿: なんちゃん | 2005/04/17 18:45

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60361/3689688

この記事へのトラックバック一覧です: 小児科が危機!:

« 前橋 | トップページ | 中国における反日行動 »