« HATOGAYAルネッサンス | トップページ | 苦しい・・・ »

2005/04/07

基本に戻って

TAEの日記:やっとわかりました.

TAEさんが書かれているようにトラックバックは

誰かのブログに刺激を受けてその投稿内容を自分のブログに生かしたいときに、「あなたの投稿を使わせてもらいましたよ~」ということが伝えられるシステム

なのですよね。ところが(この記事を書いて以降消去する場合がありますが)テーマに引っかけただけ、あるいは全然趣旨と違う事柄のトラックバックが散見されるようになっています。以下、ココログの使い方に記されているガイドライン(ココログのココロエ)の一部です。


「コメントは誰でも書き込むことができますし、トラックバックも、誰でもつけることができます。

 しかし、そのブログの話題と関連性がまったくないコメント/トラックバックを一方的に送られることで、ブログを管理するユーザーは多大な迷惑を被ることになるでしょう。

 営利目的、あるいは誹謗中傷コメント/トラックバックスパム行為は、弊社のサーバーにも多大な負荷がかかります。
 快適な皆のココログ・ライフのためにも、このようなスパム行為は避けましょう。」


と言うわけで、無意味なトラックバックはスパムメールと一緒です。トラックバックをされているからということで相手のサイトへ行ってみても、ぜんぜんこちらの記事が引用されているわけでもなかったり、まあウイルスをくっつけられたりしないでしょうが、不愉快な気分にさせられるトラックバックが時折あります。以前はトラックバックをつけてもらうだけでお礼コメントを相手のブログに付けていましたが(そうされている方が多かったので)、読みたいブログも数多くなってきた今、意味の無いトラックバックはとても迷惑なものです。

今後は無意味と思われるトラックバックは予告なく削除することとします。おそらくそういうスパムまがいのトラックバックをつける人はこちらの記事なんか読んでいないのでしょう。

|

« HATOGAYAルネッサンス | トップページ | 苦しい・・・ »

ウェブログ・ココログ関連」カテゴリの記事

コメント

トラックバックありがとうございました。私はまだブログ初心者のためトラックバックに対しての警戒を全く感じていませんでした。今はそれ以上にこうして使ってもらえることの喜びのほうが強いです。だからこそ余計に本来の使い方が妨げられないよう、個々の考えや判断・管理が必要になるのでしょうね。私が今回そんな風に考えるきっかけになったのはトラックバックのおかげです。私ももう少し考えを深めて、自分のブログに
トラックバックについて載せたいと思います。

投稿: TAE | 2005/04/07 22:06

トラックバックについて私もいろいろ考えています。トラックバックポリシー明示の必要性を痛感しています。お時間がありましたら是非ご一読下さい。
http://blog.goo.ne.jp/ecotaka/e/0596154f988fa1ea3bab7c80d85f5a0b

投稿: ecotaka | 2005/04/07 22:06

TAEさん、ようこそいらっしゃいませ。

トラックバックについてはやはり気をつけたほうが良いと思います。それは管理面もそうなのですが、自分が書く話題によっても随分変わって来るようです。実際時事問題についての記事にはいろいろなトラックバックがついてきます。誤解無く読んでもらうためにはひと工夫必要なようです。主治医によれば自分以外の人でブログを始めた人がスパムトラックバックや誹謗中傷コメントをつけられて精神的に苦しくなり症状を悪化させてしまったそうです。

投稿: なんちゃん | 2005/04/12 01:03

ecotakaさん、はじめまして。ようこそいらっしゃいました。

記事を読ませて頂きましたが、いろいろ検討されたうえでの結論として、トラックバック等に関してポリシーを表示するというのはいい考えではないかと思います。自分も十分検討してみたいと思います。

コメントありがとうございました。

投稿: なんちゃん | 2005/04/12 01:09

お気遣いありがとうございます。
中傷コメントのあった方は大変でしたね。

書く話題によっては「表現方法」を気をつけたほうが
いいものはあるのでしょうね。時事問題などは眼を通す方も多いでしょうし、きっと意見も違ったものがたくさんありますもんね。誤解がないようにと意識する必要はあると私も思います。ただ自分で気をつけていても人によって捉え方の違いもあるでしょうから、そのような時は適宜自分の本当の意見を表明するしかないのかなと思いました。

コメントを恐れて「この話題についての文章は書けないなあ」と思ってしまったらとても悲しい環境ですね。今は負けずにどんな話題でも書き続けていきたいと思っています。

投稿: TAE | 2005/04/14 16:41

TAEさん、こんにちは、いらっしゃいませ。

やはり注意すべきは時事問題でしょうか。しかし、悪意のあるコメントを恐れて「この話題はかけないな」と自主規制してしまうのでは、逆に開ける道も開けないのかもしれません。推測ですが、つぶれてしまった彼は、読み手の存在を意識せず自分の気持ちだけを不用意に吐露してしまったのかもしれません。読み手を意識することが、結果的に読んで楽しいブログになるのかなと思っています。

コメントありがとうございました。

投稿: なんちゃん | 2005/04/17 18:09

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60361/3604632

この記事へのトラックバック一覧です: 基本に戻って:

» トラックバック [TAEの日記]
私にとっては初めてのトラックバックで「トラックバック」について 考えるきっかけをもらいました。 まず私にとっては、今回のようにトラックバックは刺激となるコミュニケーションのきっかけであることは間違いありません。 そして自由に行えるからこそ、そういう可能性.... [続きを読む]

受信: 2005/04/07 23:40

« HATOGAYAルネッサンス | トップページ | 苦しい・・・ »