« あまり語りたくないけれど | トップページ | 生きることを望まれない子どもたち »

2005/03/12

夢と現実が交錯

今日は、出かける用意をしていたら急にだるくなって、少し横になっていれば大丈夫かなと思いごろんとしていました。昨日まで3日連続で学校へ授業を受けに行きその後復習までこなせたので、がんばってしまったことは確かなのですが、けさも途中までは昨日までと変わらなかったので当然行けるものと思ったのです。ところがしばらくして起き上がってまた準備し始めると自然と「うーー」とうなり声が出て軽いだるさがでて壁に寄りかからざるを得なくなるので、だめだ、こりゃと思って寝ることにしました。

午後からJリーグ大宮VS神戸戦をラジオで聞きはじめました。聞きながらいつのまにかうとうとしてしまったようです。神戸が前半カズのシュートで1点いれたのは間違いなくラジオの声でしたが、後半になると自分はいつの間にか埼玉スタジアムにいました。実況のアナウンサーや関係者と一緒にピッチに降りて生の試合を見ていました。ありえない事ですがゴールのすぐ横で実況アナやそのほかの人とものすごい臨場感で試合を感じていました。観客は1万人をわずかに割る感じで、遠く神戸からのサポーターもいたようです。

0-1の状態が続き、大宮の監督もじれていたのですが、フリーキックのチャンスがあり(誰がけったのかわからないのですが)ゴールが決まりました。1-1です。神戸は前半1点をたたき出したカズの代わりにエムボマを出してきました。有名な選手が多いのだなと思いつつ何時しか観客席に戻っていました。相変わらず自分の横ではアナウンサーが実況しています。

後半ロスタイムが3分になりました。ロスタイムの途中、急にアナウンサーが試合はまだ続きますが後40秒で中継時間がなくなりますといって、その後ひとしきり実況をした後「結果は必ずお知らせします」といって実況を打ち切ってしまいました。アナウンサーは疲れて観客席2つにまたがって横になってしまいました。自分は帰り始めました。スタジアムの構内を抜けているうちに1-1で試合が終わったことが分かりました。それから浦和美園駅までののどかな道をてくてく歩きながら、「あれー、帰るのはいいけれど来るときはどうしたんだろう」という素朴な疑問が沸き起こりました。でもつまらないことは気にしないように歩きました。レッズ戦の時ほどではないにしても電車が混むことは間違いなく、早歩きで駅に向かいました。浦和美園駅についてホームに降りようとするときに・・・・・・目が覚めたんですねー。なぜだか分からないのですがラジオが自然に止まっていました。このラジカセ、昨日も聞いている途中で突然電源がおちて止まったのですが、まさか実況が終わったときに電源がまた落ちたんでしょうか。不思議な夢。

後でスポーツニュースを聞いてみないと、あの試合経過自体が本当だったのか自信がもてなくなってしまいました。とっても不思議な夢でした。

|

« あまり語りたくないけれど | トップページ | 生きることを望まれない子どもたち »

スポーツ」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60361/3270083

この記事へのトラックバック一覧です: 夢と現実が交錯:

« あまり語りたくないけれど | トップページ | 生きることを望まれない子どもたち »