« この少子化の時代に(少子化1) | トップページ | 途中経過 »

2005/01/15

1枚の年賀状

少子化の話題の途中ですが、閑話休題。

自分は、思いを寄せる人がいても親の問題や自分自身の病気の問題に巻き込みたくないという気持ちが強くて、思いを相手に告げられない、てな話を前に書いた記憶があります。でも感情の昂ぶりがその自制心を越えて出てしまうことがあって、思いを告げてしまうことがありました。過去数回。でもその時期と言うのはタイミングが合わないことになり結局振られる運命にあるのです。直近では昨年のクリスマスイブにやりました。感触としてダメだなとは思っていたのですが、きちんと振られないと次へいけないと思って、言葉できちんと振ってもらいました。今回はダメージはありませんでした。むしろ「やっと思い残さず次へいける」とおもってさばさばした気持ちでした。

回りくどいですよね。よくそういわれます(笑)。

さて、元旦にきた年賀状のうちの1枚を見てびっくり。なんと大学時代に知り合った人からのものでした。

彼女とは大学時代から、勤めだして4年くらいまで付き合っていました。最初はサークルの帰りに自分が映画を見に行くといったら、「じゃ私も。」と言うので2人で映画を見たのから始まりました。といってもひと月に一回会うか会わないか。自分が流通業で土日休めず、彼女は学校の事務だったので土日休み。結果自分が休みの平日の夕方、彼女が仕事を終えてから会って映画や演劇を見たりして夕ご飯を一緒に食べて帰るという・・・、それで付き合っていると言えるわけ?てなもんですが、まあそんな感じでした。

しかしいつも自分が一方的に誘うばかり。年賀状を出しても返事の来たことが無く、会って分かれるときも「またね」でもなく、彼女のほうから意思表示を積極的にしたのははじめて映画に行った、あの時だけ。そのうちに自分も臆病になってきて、電話をかけても何度も留守だったりすると電話をかけにくくなってそれきりになっていました。

毎年2月に来るサークルのOB名簿には彼女の名前が載っていて、結婚したわけでも引っ越したわけでもないんだなとは思っていました。

昨年2月入院中にその名簿が来ました。人恋しくてどうしようもない頃だったので何の気なしにはがきを出してみました。しかし何の音沙汰も無くここまできていました。

その彼女から突然の年賀状です。こちらが書いても返事の来たためしの無い人から突然ですよ。びっくりしますよね。しかも文面が

  昨年話題になった「世界の中心で・・・(セカチュウ)」と「いま、会いにゆきます」は読みました。○○さんは最近どんな本を読んでいますか?

というんです。一呼吸置いて落ち着いてから、返事を書きました。原作は読んでいないけれど、映画を見て泣けた話など。そして「近況報告がてらどこかで会いましょう」と書きました。

それから何日たつんだ・・・?音信不通です。昨晩思い切って電話をして見ましたが、3回かけても留守。留守電は無し。FAXもないみたい。

これが恋愛のスタートになるのか、ただの通りすがりの出来事に終わるのかちっとも分かりません。しかし9年ぶりくらいですからね。近況を話す程度のことはしたいなと思っているのですが。さてさて・・・・。どうなることやら。

|

« この少子化の時代に(少子化1) | トップページ | 途中経過 »

恋愛」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60361/2575299

この記事へのトラックバック一覧です: 1枚の年賀状:

« この少子化の時代に(少子化1) | トップページ | 途中経過 »