« ありがとう | トップページ | 電池が切れるまで »

2004/12/12

風邪のようなもの

「うつ」を治す(PHP新書111)
という本はアマゾンの利用客の中では、お勧めする人が多いです。マイリストによくくみこまれています。この本の優れているのは、症状や治療法に関して網羅しつつ、新書と言う性質上あまり難しくないことでしょうか。

この本では、よく言われる「うつ病は心の風邪のようなもの」という言葉はあたっている部分と誤解を生む部分があると述べられています。誰でもかかる可能性があるという点で風邪のようなものともいえるかもしれないが、短期で治ると考えるのは誤りであるとのこと。確かにちまたにあふれる本の中には、薬さえきちんと飲めば3ヶ月から6ヶ月くらいで治ると書いてある物もあります。むしろ自分の知人で1年以内に治った人のほうが少ない。本の中ではアメリカのある調査の結果を挙げて、うつ病にかかった人の6割が1年後も何らかの抑うつ状態にあったと記載しています。

またうつ病は再発しやすい病気であるという点でも風邪に似ているかもしれないと述べられています。じつはこのうつ病の再発についてあまり詳しく書いてある本はありません。多くの本の趣旨が「うつ病にかかっても治るから大丈夫」と言うプラスのメッセージを発したいが為なのかなと思うのですが、自分が参加したことのある自助グループの講演会でも「再発しやすい」ということが言われていました。本の中でもある調査の結果が報告されていますが、びっくりするほどの高率です。しかも再発を繰り返すほどさらに再発しやすくなるため、再発を防ぐ為にも治ってから最低1年間は薬を続けることが重要だと述べられています。

詳しくはお手にとってごらん頂くとして、これだけうつ病と言うものが広く知られてきていながら、正しい知識と言う点ではあまり啓蒙が進んでいないなあと感じました。

|

« ありがとう | トップページ | 電池が切れるまで »

うつ病」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 風邪のようなもの:

» 殺人罪を問われない殺人者達 [今日の論点 未来の視点]
自殺する人が後を絶たない。日本では2003年の1年間だけで34000人もの自殺者がでている。 自殺原因を見ると、経済苦が最も多いようだが、経済苦にしろ病苦... [続きを読む]

受信: 2005/03/07 20:56

» 本気で自殺・心中対策を [主観的 書評ブログ]
著者: 大野 裕 タイトル: 「うつ」を治す 最近また、自殺・心中に関する報道が続いている。 ・「勝手に死んだわけじゃない」 30日に自殺防止シンポ ・職質の車、集団自殺直前だった・・・未然に阻止 ・男女3人が首つり、沖縄・北大東島で遺体発見 何とも痛ましい話である。いったい何が彼らを自殺に追い込んだのだろうか。 今までも何度か... [続きを読む]

受信: 2005/05/30 12:25

« ありがとう | トップページ | 電池が切れるまで »