2022/08/14

ノーゲーム

誕生日に向けて、緊張が高まります。

すでに誕生日を登録しているお店関係が「お誕生日おめでとうクーポン」などを送って来て、傷口に塩を塗られる苦しさ。

当日困るのがフェイスブックで、友だち登録している人にはいちいち連絡がいくので、「おめでとう」メッセージがたくさん来ちゃいます。放っておけないので、あの大変だった去年も一応「ありがとう」メッセージを投稿しました。よくそんなこと出来たなって言う感じの切迫した状況でした。

去年は年をとることが破滅への踏段を登る気持ちで、「もうやめたい」と思っていました。つまり「ゲームオーバー」にしたかった。

今年は違います。そもそも無かったことにしたい。つまり「ノーゲーム」にしたい。迷惑をかけるうんぬんではなくて、本当に全く白紙に、そもそもそんな気配すら無かったことにしたいです。「なかったことにする」と書きたいですがそれは出来ないのがもう苦しくて苦しくて仕方ありません。

ちなみにこの日は母の実家から帰宅する日にあたる事が多いのですが、ある年は中央本線の大月駅の西にある桂川の鉄橋の一つが豪雨で流されて帰れなくなるところでした。今なら上下線とも完全に運転見合わせだと思いますが、当時の国鉄は流されていない方の橋の安全性を確認しながら、大月駅と初鹿野駅(当時の名前)の間を単線扱いにしてどうにか運転したんです。よく動かしたものだと思います。

またある年は、武蔵野線の西浦和駅高架下の倉庫で40万本の古タイヤが火災をおこし、武蔵野線はその日から数ヶ月にわたって不通になりました。この時は家に帰れず、母ともども叔母の家に泊めてもらいました。

 

そうは言っても、今日の自分の気分は、数字で言うと35%くらい。去年は多分マイナスだったと思うので、まあそれなりです。

| | コメント (0)

2022/08/13

しのぎかた

きょうは就労支援センターの担当の方が電話をくれました。ただし自分の問題意識とセンターの方との意識がだいぶずれていました。センターの方の意識は「どうしのぐか」「時間を増やす」。自分は「そもそもこんなに難しくてボリュームもある賞味期限管理を自分がやる必要があるのか」なので、全然かみ合いませんでした。賞味期限管理は、自閉症の人が苦手とする要素がたくさんあるのです。

多分支援センターの方の言うのがど真ん中なんですよね。つまりどこの職場でもこう言う問題は形を変えてやってくるのであって、とにかくしのいで手取りを増やす。

時間を増やすのはどうなんでしょう。きょうの訪問看護師さんは「それどころじゃない」と思ったのでは。昨日ブログに書いたような話をしたからです。

どよーんとしてしまいましたが、少し気分を変えてフリマアプリに出品する作業をしました。鳩ヶ谷へ引っ越す頃には多分あった「鉄道グッズ」。値付けが難しいけど、「それなりに売れるだろう」と思ったらなんと30分で売れてしまいました。まだ郵便局が開いていたので雨がっぱを着て自転車を走らせ、発送してしまいました。

うちに来た人は「梱包材料がゴミみたいにたくさんある」と思ったでしょうが、こんな時のためにあるのでした。梱包材料費は全然かかっていません。

あと、タイピングの練習をやってみました。スピードは思ったより落ちていなかったです。練習を続けられれば伸びるかな。

| | コメント (0)

2022/08/12

真っ黒

アセスメントシート書いていません。これからやります。疲れて帰ってくると大変ですが、ネタ選びも大事で新鮮なのが良いので、やります。

パートさんが一人、どうもコロナが原因で休んでいます。食品がメインの方なので、昨日の品出しがそっくり残っていて、送り込みもあってすごい量。しばらくするときょうの納品も来て、しかも2便あってそれぞれがすごい量。またバックヤードが泳ぐほどの在庫量になってしまいました。少しずつ片付けましたが追いつきません。残業はお互いに不幸なので品出し途中で帰宅してきました。

 

いよいよ誕生日が近づいてきました。知人に誕生日が近い人が何人かいて、祝ってほしい気分らしいのですが、自分はもう絶対イヤです。父と母のかすがいとして無理な力をかけられて、心が壊れてボロボロの人生を歩む、その起点です。そして年をとって、仕事が出来なくなってお金が尽きる階段をまた一段登る日です。ひたすら真っ黒な日。誕生日なんて無くなれば良いのに。去年は、これがきっかけで入院でした。

| | コメント (0)

2022/08/11

認知再構成法

きょうは認知行動療法のアセスメントシートを書くのはお休みで良いと思います。ヒッポの関係で時間がおしているのと、日中にアセスメントシートを踏まえて、認知再構成法のワークシートを書いたからです。これは自力でやるのは結構難しいものなのですが、渋谷のクリニックのリワーク時代、毎週書かされてフィードバックを受けていたので、最後の枠まで埋め切りました。だいぶ気分が軽くなった気がします。

訪問看護師さんは医療に属する人なので、心理の分野にコメントはしません。でもなんか本格的なものを書いている様子は伝わったようです。

マインドフルネスも少し効果が出ているみたい。自分の気分を〇〇%と評価して推移を見るという技法も認知行動療法にはあるのですが、朝イチがうつで10%でも、辛抱して15分やると30%くらいに改善するようです。

認知行動療法は自動思考や気分感情などを外在化することがポイントで、それはマインドフルネスと通じるものがあるのです。

| | コメント (0)

たまる疲労

きょうはすっかり遅くなってしまい、あれこれ書けません。帰宅後食事してから動けなくなったりしていました。この2連勤は疲れました。

| | コメント (0)

2022/08/08

看護師の職分

臨時に増やしていますが、きょうが本来の訪問看護の日。どっちが来るかなと思ったら、いつもの看護師さんでした。

「どうですか」と言われても、何も答えられず。

実は今朝は眠剤飲んでも中途覚醒。朝がしんどく気分は落ち込み、訪問看護の前にいつもやっている薬の整理もできず。さらにスマートフォンが無い。この部屋からいろいろなものがなくなっていますが、スマートフォンは本当に困ります。

ぽつりぽつりとそんな状況を伝えると、「スマートフォンは困るでしょう」と一緒に探してくれました。いつもは話を少し聞いて、バイタルチェックして30分で終わりなので、(時間が来たら帰るんだろうなあ)と思いながら何度も見たところをバサバサと探していると「あ、ありましたよ」とのこと。なぜかキッチンの冷蔵庫の上に乗せてありました。これは自分一人では見つけられなかったでしょう。その間約50分。

根気よく捜索を付き合ってくれて感謝です。スマートフォンが無かったら、きょう発送予定の売れた椅子の発送ができませんでした。

訪問看護はあまり期待できないと思っていました。カウンセリング的な事を期待してしまって裏切られちゃうので、「なるべく期待しない」と思って身構えてしまいます。

でも看護師さんはご自身の職分の中で、最善を尽くそうとしてくれているんだなぁと思いました。薬の話をされても自分にはあまり響かないんですが、心理カウンセリングではなく、あくまで医療の枠組みだからそれは仕方ない。スマートフォンの捜索を根気よくやってくれるのと同じ熱意で、薬の話もしてくれるのでしょう。

そういう訳で椅子の発送は出来ました。今までは郵便局から発送する事が多かったので知りませんでしたが、ヤマトの宅急便センターからも匿名発送できるのでした。どこでも機械が常設されていて、気軽に送れるようになっています。あの椅子が1日経たずに売れてしまうんだから、何でも売れそうな気がします。

発送して帰宅後、病院のワーカーさんの留守電が入っていました。捨てられていませんでした。

| | コメント (0)

2022/08/07

勝手にして

きょうは年に一度だけの大特売の日。昨年はいつも使わないレジも使ってお客さんをさばく事にしていました。

昨年のこの売り出し日は公休日だったので比較はできませんが、どうも様子がおかしかったです。いつもの日曜日よりちょっと多い程度しかお客さんがいません。話しに聞いていたのと全然違うのです。

こけちゃったと思いました。

日割り予算は全然達成できないでしょう。

結果、店長の機嫌は悪かったというか苦しんでいたと思います。出勤してから帰るまで、ほとんど何も話しませんでした。

まあいっか。どうせ他人事だ、と思います。なんのシェアもマネジメントも無いんだから勝手に苦しんでもらうしかありません。

| | コメント (0)

2022/08/06

比較的平穏

フリマアプリに出品していた未開封の電化製品が売れて、発送してきました。

鳩ヶ谷時代は、本も一冊一冊丁寧に売ることができたことがあります。

それで欲が出て、未開封の椅子も売ってみようかと思いました。ほっとけば粗大ゴミ。自分がお金を払って新品を捨てるってバカみたい。最終的に取り分ゼロでも、粗大ゴミ処理費用をかけなくて良いというのは魅力的です。しかもちゃんと使ってもらえる。

と思って出品したら、たった1時間で買い手がつきました。この値段なら、送料を払ってもいくぶんお金が残ると思います。

いらないものは闇雲に捨てないで、みんな出品してみようかと思いました。

少し前はそんな余裕ありませんでした。

 

きょうも臨時に訪問看護が来ました。昨日の仕事がきつくて帰宅後動けなくなったり、眠剤飲んでも眠りが浅かった話をしました。木曜日にブレーキをかけてもらわなかったら金曜日の仕事はかなりしんどかったと思います。

訪問看護師さんは、きょうは「木曜日ほど生々しくない」と言っていました。「生々しい」というのはどういう意味か分かったようなわからないような、曖昧なニュアンスです。でも、多分やばかったのでしょう。

| | コメント (0)

2022/08/05

うってかわって

寝起きはイマイチ。眠剤は飲んだのですがやはり途中覚醒があったようです。朝の支度後もつらく、マインドフルネスは6分しかもたずに布団に転がってしまいました。

ようよう出かけて、きょうは店長が一日中いるシフトなので、やっぱりバチバチありました。気をつけていたつもりなのに終わりに近づくといろんな事が起きて、危なく残業になりかけました。

かろうじて残業なしで帰って、食事をしたらもうぐったり。1時間以上ぐったりで何も出来ずにいました。

日課がほとんどできませんでした。こんな状況では、昨日休んでいなかったら仕事に行けなかったかもしれません。

説明が難しいので省きますが、インナーチャイルド(子ども時代の自分)に向かって(認知行動療法のテキストの例がわかばちゃんなので)、「わかばちゃん、どうしたい?」と聞いてみると、悲鳴を上げて「もうイヤ」「うちから出して」と言わざるを得ませんでした。このタスク、そんなに時間かけてやってないですがきょうはどーんと響きました。

明日もどうなることかと思います。訪問看護が明日も臨時に来るくらいですものね。大きな期待はできないものの、去年の今頃とは違うフォロー体制。ありがたい事です。

| | コメント (0)

2022/08/04

臨時訪問看護

昨日も書いたように暑さ疲れのようです。ブログに時間を使いすぎで、「アセスメントシート、後でやります」と書きましたが、かなり無理がありました。生協の注文書記入もしなければならず、就寝が0時を回りました。眠剤を飲み忘れて寝落ちてしまいました。

眠剤を飲み忘れるとどうなるかは、前回の飲み忘れで経験済み。熟睡できず3時とか5時とか短い周期で目が覚めます。翌日はかなりしんどいです。

昨日までかなりテンションが高かったと思います。きょうは午前中、半分寝るように意識を落とし気味にしてとにかく頭を休めるようにしました。

でも、近づく誕生日のこと、かつて家族で暮らしていた時期の無茶苦茶だったことなどを思い出します。誕生日は今の自分にとって、いずれ働けなくなってお金が尽きる年齢へのカウントダウンと化しています。全くめでたくありません。

そんな状況だったので、どうしようもなくなって、訪問看護ステーションに電話を入れてみました。するといつもの訪問看護師さんから折り返し電話をもらいました。状況を伝えると、臨時に訪問することも可能とのこと。結局夕方来ていただく事になりました。

訪問看護では心理的サポートはしてもらえませんが、一通り話を聞いてもらうと少しでも違います。父母の命日から自分の誕生日まではかなり不安定になりそうだという事で、なんと休みごと毎回訪問看護がくる事になりました。

それ以外は予定は全てキャンセルして、寝ていました。

| | コメント (0)

2022/08/03

暑さ疲れ

多分、部屋に冷房つけると、暑さで溜まった疲れがどーんと出るみたい。アセスメントシートは後でやります。

突然思い出しました。父が自宅でフライパンをしげしげと眺めて「こんなに黒くしちゃって」って言ったんです。自分はそのフライパンはもともと黒いものだと思っていました。ピカピカだった時期があるらしいと分かると、子どもとしてはまた不穏になりますよね。それがきっかけだったでしょうか。オーブントースターとか磨いてみたら、すんごい綺麗になるんです。

この話は多分2回目の一軒家に住んでいた時のこと。あの家は、本当に修羅場でした。

こういうエピソード、記憶に埋もれていますがあれこれあったと思います。家族はしんどい。

 

実は月曜日、もう一冊本をパラパラめくっていました。「店長のための『スタッフが辞めないお店』の作り方」。

飲食店を中心に、自分が働いているようなチェーン店の店長さんに向けて書いてあります。これを読むと、「みんな同じような苦しみを抱えているんだなぁ」と思います。

アルバイトの採用は大変みたいですね。以前働いたお弁当屋さんとかは「バイトちゃんを雇ってもなかなかシフトに入ってくれない」と嘆いていました。「社員の離職率も高い」と当時の店長、言っていました。「バイトで籍はあるのにあまりシフトに入りたがらない」のは自分のところもそうです。自分のところは「定年まで勤め上げます」って言うベテランパートさんもいて、みんな長く働いていますが、そうじゃないところもいっぱいあるみたいですね。

あと商品の送り込み。こんなバカなことしているのは今の会社だけだろうと思っていましたが、チェーン店は多いみたいです。倉庫の整理のために要員が必要。お弁当屋さんもあったのかもしれません。経費は極限まで切り詰めているつもりで、無駄な仕事に人件費をかけて苦しませるなんて馬鹿みたい。

今の会社はSVが店をぎゅうぎゅう締め上げにきます。日配品の見切りの時間、空調温度、その他SVが決めていることが多いです。お弁当屋さんのSVは店の運営に協力的でした。休憩以外は座る場所もない厨房、あるいは売り場の立ち仕事。時間に追われるお弁当作り。スタッフ管理と育成。あれ以上締め上げたら、誰も店長なんかやらないでしょう。

 

| | コメント (0)

2022/08/02

まだあった…

部屋からいろんなものが無くなります。

制服のポロシャツはどこか違うところに置いたかもしれませんが、枕に使っているクッションなんか部屋から出さないのに無い。冷凍して首や頭に巻いて使う冷却剤も、夜使ったはずなのに翌朝なぜか無い。

きょう仕事に行ったら、自分が月末に撤去し損ねた7月賞味期限切れのものがどーんと置いてあって、ショックを受けました。

仕事に行けば毎日見ている豆乳と、ビールがケースごと4ケース。

毎日見ているんですよ。

でも、ちょっとした勘が働かないと期限を見ないんですよね。豆乳の場合は毎月チェックする什器とは離れた場所にあったので見ていませんでした。

まあ、こんなのあまり考え込んでもね。お客さんの手元に行かずに無事撤去されたことをよしとしましょう。今日もまだ1本お酒が残っていて自分が見つけて撤去したくらいだし。

誕生日が近づいてくる。年を重ねることに希望が持てない。

ちょっと落ちることが多い1日でした。

確かハンドセラピーの時には、うっすらと希望を感じていました。「あの時何が希望に感じられたんだろう?」と、必死にメモを見たら、「自分の力を活かせる場所は必ずある」とセラピストさんが言っていました。

| | コメント (0)

2022/08/01

自分思考

明日は6月以来か?熊谷の最高気温予想が41℃

自分が子どもの頃は、いつの事だか分かりませんが酒田で40.8℃を記録したのが伝説になっていて、ずっと更新されませんでした。40℃が特別のことじゃなくなったのは、みんなが思っているとは思いますが異常。

きょうは内科にも行ったり(相変わらず自転車。腕が焼けてきました)訪問看護が来たりしていましたが、それ以外は山口絵理子さんの本(この記事タイトルの本)を読んでいました。この人は、ほとんど無理という事を実現した人で詳しくは省きますが、エネルギーがすごくてあんまり病人向きの本ではないです。昨年はこの人の本、見るのも嫌でした。でもファンなんですよね、どうしても古本屋行きに出来なかった。モチベーションやテンション上げるには良い本です。

これが読めるって言うことは、相当エネルギーが出てきたって事だと思います。訪問看護師さんと話して、昨日みたいに疲れがどーんと出ないようにブレーキを踏むことも必要かもという話になりました。

きょう来た看護師さんは以前からの方でした。前回、前々回と来た方は、看護師さんとしてはベテランだけど、訪問看護はまだそれ程でもない様子。看護師さんというのは、通常病院でチームを組んで仕事をするものなので、基本的にひとりで回る訪問看護は仕事の仕方が全然違うんだそうです。それで一回目は隙もないくらい固かったのかもしれません。

もう一冊、渋谷のクリニック時代に勧められて買った「アスペルガー症候群」という新書本も目次だけさらっと見たんです。「これはまさに自分の事だ」と思って深くは読めませんでした。今でこそ発達障害はそれなりに認知度も高く、子どものうちはそれなりにサポートもあるけど、自分が子どもの頃はそんなの特殊な話でした。小学校に上がる前に名古屋に住んでいた頃、駅から自宅までのバス停が全部言えたらしいです。息子が自閉症だなんて知らない母も困惑したことがあるでしょうね。地雷もいっぱい踏んだことでしょう。

| | コメント (0)

2022/07/31

正規の作業に

さっき、食事を終えてアセスメントシートを書こうと思ったのですが、急にどっと疲れが出てしまいました。グタッとしてしまい、ならブログでもと思ったけどそれもダメで、40分ほど何も出来ませんでした。仕事がきつかったんですかね。暑さのせいかな?

自分のワークスケジュールに、とうとう7月賞味期限の食品撤去と8月分の見切りと書かれました。今までは記載されていないまま、暗黙の了解的に自分がやっていたのですが、最近は他の部門のパートさんから「これはいつ半額になるかな」などと聞かれるまでになっていました。賞味期限管理は根気と時間が必要。自分がやるまでいったいどうしていたんでしょう。

アセスメントシートは、なるべく鮮度の良い状況を使ってやってみたい。これからやります。

| | コメント (0)

2022/07/30

準備会

木曜日のヒッポで自分の話をすることになりましたが、きょう土曜日のヒッポで中身を詰めることになり、話してきました。数日前からストーリーを書き出していますが、何しろ量が多い。やってみて、聞いている方がお腹いっぱいになっちゃうのがよくわかりました。入会のきっかけは鉄板ネタだからやって、あとはインド交流のことを少しで十分でしょう。

ヒッポの人はほんと何を話しても受け止めてくれます。ヤングケアラーで健全な夢が育たなかったこと、デイケアとヒッポくらいしか社会参加できていなかった時代のこと、ほぼ自閉症(スペクトラムと言っても多分分からないので)だが、コミュニケーション能力が普通なので診断がつかなかったこと。コミュニケーション能力に関してはヒッポをやっていたから伸びたと思います。

リアルで話が出来て良かったです。コロナがまたすごくなっていて、バス停には減便のお知らせ、生協も注文を絞る、教会では神父さんが感染。

店はいろんな人が来るので気をつけます。抗原検査キットの扱いをやたらと聞かれるのでみんな敏感になってますね。

| | コメント (0)

2022/07/29

ダブルバインド

店長は自分が賞味期限管理をするのを、まるで好きでやっているかのような態度をとります。売り場のメンテナンスが済んだら「やっても良い」という言い方をします。何のために一生懸命やってるのか分からなくなっていました。

きょうは一日中2番手社員さん担当だったのですが、自分が賞味期限リストを書いているのをよく見てくれているとの事。うちへ帰って例のアセスメントシートを書いてみて気がつきました。2番手社員さんは自分のことをフォローしてくれるので、期待に応えようとしてせっせと賞味期限管理をしていたのでした。しかし店長は「そこじゃない」と思っているわけです。

店長と2番手社員さんのスタンスはかなり違います。方向性が違うために自分はかなり混乱していたのでした。店の人みんながなんらかのダブルバインドを感じているかもしれません。

| | コメント (0)

2022/07/28

やっぱり泣いた

きょうも起床は6時。朝余裕があります。調子も悪くないです。午前中からマインドフルネスやって、それから「奇跡のリンゴ」を読み切りました。

木村さんが無農薬無肥料リンゴへたどり着く「きっかけ」をつかんだところでは泣けなかった自分ですが、木村さんの畑のリンゴが一斉に花をつけたシーンでティッシュが必要でした。

「奇跡のリンゴ」はテレビ放送された時も話題になったと思います。本はテレビでは表現できなかった所まで書いてあるのと、独特の文体ですごく臨場感があります。ノンフィクションですが、一種哲学書みたいな趣があります。かと言って難しい内容はないんですが、何度も読むと引っかかるところが出てくるのです。木村さんが哲学者並みに考え抜いているのと、それをしっかり受け止めて文章化されているせいかなぁと思います。

「11人いる」でも「奇跡のリンゴ」でも、よく頑張った、結果が出た、というところで泣いています。自分の闘病には結果が出ないですから苦しいですよね。お弁当屋さんとクリニックで働けるようになって結果が出たと思ったら、ただ躁転していただけだったって言うオチですものね。

「奇跡のリンゴ」は、リンゴの花が開いてリンゴの収穫が出来てもまだ終わりません。見栄えが悪いので売り歩くのに非常に苦労しています。お金になってはじめて生計が立てられる。それは、当初ごくわずかのお客さんの理解から始まるんです。

理解者は少しずつ。生計を立てるのも少しずつ。

先月のスマートフォンの買い換えで出費が増えているのに、一万円は切りそうですがそこそこお金が残りそうでホッとひと息。ガスは2m3と過去最低使用量に並びました。

| | コメント (0)

2022/07/27

しんどい時期

7月のこの時期は、母と父の命日があります。これを意識すると結構きついです。

尊敬はしますが、家族のことを考えると今になっても、やはりしんどいですね。だから素通り。お墓参り行きません。

今度、ヒッポで自分の話をすることになりました。それでひさしぶりにヒッポ歴を振り返っています。家庭がぼろぼろで、子どもでいられなかった分、ヒッポでそれを取り返していたんですよね。多分ずっと以前にこのブログに書いたような気がします。まあそれを今のメンバーさんに話しても仕方ないでしょう。

でも振り返るとヒッポが無かったら、ほんとデイケアとかしか社会に出て行く場が無かったですよ。そうなったらコミュニケーション能力も伸びずに、グレーではなく完全に自閉症診断ついたでしょう。インドへ行っちゃったのは躁転してたんですかね。当時の主治医が「良い」って言うから行ったんだけど、後でJICAの人に「病気だから行けたんじゃないですか?普通行けないです」って言われましたものね。ある意味その通りでした。

きょうは5時半前に起きちゃったんです。二度寝すると不穏になるので、目が覚めてからそのまま起きちゃいました。朝が余裕があってマインドフルネスをじっくり出来ました。うとうとするとすぐに不穏になるんです。それですぐマインドフルネス。

店長対策、かなりやりました。なのでちゃんとした言葉遣いでした。あの人、地雷を踏まれると言葉遣いが汚なくなるのは、自分に対してだけじゃなかったです。あれではみんな地雷におびえてしまい、まともな関係性が作れないことでしょう。

| | コメント (0)

2022/07/26

プライドを捨てる

きょうは早上がり。いつもは火曜日は疲れてしまって、帰宅後ぐたっとしてしまいます。不穏な感じがする時もありました。

でもきょうは本を読む余裕がありました。というか読まずにはいられませんでした。

この間「この本も泣けると思う」と書いた、「奇跡のりんご」を昨日から読んでいて夢中になってしまったのです。

何度も読んでいるので話は知っているのですが、前回読んでボロ泣きしたところでちょっとウルッとはしたものの泣けなくて、別のところでグッとくるものがありました。ネタバレになりますがすいません、ウルっとしたのは木村さんが首吊り自殺しようとして岩木山の森に分け入り、失敗したところで幻のりんごの木を見るところ。自分去年危ない所まで行きましたが、ここまで追い詰められていたかなと思いました。

きょうひっかかったのは、その森で見つけた答えを自分の畑のりんごの木に応用するのと同時に、木村さんが弘前の繁華街にアルバイトに行く話です。前回もここはグッと来るポイントでしたが、それが出来たのは木村さんがプライドを捨てたからだというのが今回のポイントでした。

以前から思っていましたが、自分は、働いている方には申し訳ないことに「何でこんなところで働かなければならないんだろう」と思ってしまうんです。理由はいくつかありますが、特にぐさぐさ刺さるのは店の汚なさ。裏方の汚いのもすごいですが、お客さんの入る店舗部分も汚ったない。什器と什器の間なんか真っ黒。お酒の棚は埃だらけで、先日自分が掃除したと書いたかもしれません。これだけ汚いと人の心に沁み込んでくるものがあると思います。

それと不良在庫の多さ。だからなんとかしようと思って、オリコンの中身を克明に書き出して貼っています。こんなことしている人は他所でもいるかな。「馬鹿みたい」と思いつつ、でもそこにプライドを見出しているみたいです。この間からやっている認知行動療法のアセスメントシートによる自己分析では。プライド捨てられません。プライドが捨てられないから逆に引け目にも感じやすいのでしょう。そもそも、それがプライドだって気づいていませんでした。それじゃあ苦しいですよね。

以前半年ヒカリエのお弁当屋さんで働いた時は、あそこも大変で、表は百貨店だからきれいだけど裏は機械で掃除できるところ以外は「うーん」って言う感じでした。でもプライドがどうこうということはなくて一生懸命やっていた気がします。

木村さんの場合、りんご農家なのに自分のりんご畑を無茶苦茶にしておいて、りんごで食えないから働きに出ると他人に思われるのが辛かったそうです。でも岩木山で答えを見つけたら、他人の目が気にならなくなったそうです。何かを乗り越えたんですね。プライドを捨てて、便所掃除から始めて信頼を勝ち取って、そのお店で、なくてはならない人になっちゃう。その仕事で、窮乏している家族のために絞り出すように現金収入を得るというのがグッときたところでした。

前回読んだ時はお金は何とかなっていました。今はこの仕事で得た収入が無いと暮らせない。プライドを犠牲にして生活費を絞り出す感じが響いたんだと思います。

ちなみに木村さんは冬場出稼ぎで東京と言うか川崎で働いていた時代もあるそうですが、ほとんどホームレスのような生活だったとのこと。漫画家の吾妻ひでおさんも、ホームレス生活してアル中で精神科病院入院して、それで「失踪日記」「アル中病棟」という名作漫画を描いて賞をとりました。真似できないですね。

 

| | コメント (0)

2022/07/25

憐れんであげてください

昨日結局寝るのが遅くなってしまいましたが、今朝6時過ぎに起きて、二度寝しないようにそこですっきり起きちゃいました。

その割に眠くなく午前中から元気。訪問看護が来るずっと前に布団を片付けて、掃除をしていました。カビだらけで捨てようかと思っていた非常用の水タンクと、やはりカビだらけだったトイレと風呂場の仕切りカーテンを磨きました。水タンクはすっかりきれいになったので、保管しておきます。カーテンは落ち切りませんでしたがずっとましになりました。キッチンの一部も相当ぶりに磨きました。

訪問看護は先週も来た女性の看護師さんでした。1週間交代で以前の方が来ると思っていたので意外でした。「体調はどうですか」とまた聞かれて返事に困ります。一週間の体調を一言で答えられるわけもなく固まっていると、やっと気づいて質問を絞ってくれました。前回は自分もまだ落ち気味でしたし、看護師さんも緊張している感じがありました。きょうはまあまあ話せた気がしました。

その後は3週間ぶりの通院診察。きょうはワーカーさんが急遽不在でした。でも約束自体は忘れられず、受付の方が次に出勤した時に連絡してくれるとのこと。びっくりしたのは、ワーカーさんへ送った職場状況報告を主治医が目を通してくれていた事でした。主治医とワーカーさんで情報を共有してくれるんですね。こんなの亀有のデイケア以来じゃないでしょうか。

それを踏まえて、主治医も上司の店長に関して「そういう方は憐れんであげるしかないですね」とひと言。そうなんですね。

| | コメント (0)

«安全な儀式