2018/09/24

逆効果?

先週の連休はお弁当屋さんの仕事が2日入っていて、どちらかというと働く日のイメージ。今回の連休はお弁当やさんの仕事をいれなかったのでお休みのイメージにしていたのですが・・・

実際は自宅の掃除をどーんとやったりして雑巾がけはお盆以来。のんびりという感じではありません。

思った通りにすすんでいないことで焦りも出てきて、現在気持ちがぐちゃぐちゃ。焦るなよ、ひとつひとつ片付けようよ。

| | コメント (0)

2018/09/19

4つのことば

今日はまた、失敗だらけの一日。よくしでかしました。

最初のうちは、「きょうは対応しきれるだろう」と思うのですが、だんだん巻きが入ったりイレギュラーな事態が発生したりして、余裕がなくなりある時点からミスを連発するようになります。この臨界点がどのくらいなのか、イマイチよくわかりません。

帰宅して、最近「ひふみん」のニックネームで有名な元棋士加藤一二三さんの記事を読んだところ、大事にされた言葉に「勇気を持って戦う」「相手の前で弱気を出さない」「慌てない」「落ち着く」の4つがあるとのこと。この後半の二つは、まさに自分に言われているようなものです。

逆に言うと、慌てるとだれでも実力は出せない、ミスが出るということでしょうか。慌ててしまう臨界点を把握して、少しずつハードルを上げていくしかないのかな、と思いました。

前に主治医でもある院長先生から「感情的に引きずるな」と言われていますから、なんとかその方向でいきたいです。

| | コメント (0)

2018/09/17

ブログリスト

サイドバーの本の修正をしたら、その下のブログリストが気になります。たぶんこのリストに載っているブログはほとんど今は存在していないでしょう。きょうはチェックできません。

本も昔入れた本と、最近入れた本では写真のサイズが違うのが気になりますね。時間のある時に統一したいと思います。

| | コメント (0)

なおしました

おととい、その前1週間分くらいの記事の校正をしました。結構誤字等が多くて失礼しました。管理画面ではなかなか気づけないんですが、ブログ自体を見るとはっきりわかります。

ついでにサイドバーの本のリストも少し変更しました。

| | コメント (0)

2018/09/15

感じる世代意識

このところ、自分の世代が若い世代から憎しみにも近い感情を抱かれていると感じることがあります。

会社では、自分のような昭和生まれがたくさんいることなどで若い世代の昇進が遅れているケースもあります。また会社さえ選ばなければなんとか正社員採用はされていた時代と比べれば、非正規にしかなれない人も多いし、空前の人手不足だといわれる最近でも給料自体はあまり上がらないため、すさまじく働かないと当時の実質的給与水準に届かないことなどがあるようです。

さらにITに不慣れな昭和世代も多いため、無駄な仕事をして給料をもらっていると感じ不満を持つ若い人も多い様子。

これは3分の2くらいホントだけど、のこり3分の1は、他人のせいにしているだけかなという気もします。会社が変われば、自分が決定権を持てば、自分のやり方になれば、物事はうまくいくという発想だけは、昔も今もあって、それはあまりうまくいかないことが多いかなあ・・・どうでしょう。

| | コメント (0)

2018/09/14

難しい判断

昨日の続きです。

京浜東北線が運転見合わせになりました。運転再開は約1時間後だとします。あなたならどうしますか?

川口駅にいたなら川口元郷駅まで行って埼玉高速に乗ることを考えるかもしれません。でも、ちょっとまって。

見合わせになった原因はどこの駅で発生したのでしょう。

それが埼玉県内の駅なら振り替えを使ったほうがよさそうですが、都内や神奈川県内なら話は違います。30分もすると東十条駅での折り返し運転をする可能性が高いからです。

運転再開見込みと書いてあるのは、あくまでも全線の再開の見込みで、部分的に再開する可能性は全く考慮されていません。

これが判断の難しいところで、待っていたほうが早かったということになりかねません。

問題は駅員も公式に発表されている情報でしか判断してくれないことです。「こういうケースだとこうなる可能性もあるからこうしたらどうですか」と昔なら案内してくれたかもしれませんが、今はほぼありません。期待するだけ無駄です。

| | コメント (0)

2018/09/13

2通り

JR東日本のチケット予約サイト「えきねっと」。これが使いづらいという評判もあると聞いて驚きました。

鉄道を使う人には、時刻表を使って自分の目的に合致する列車を自分で探せる人と、自分の望みが何かわからず、その目的を達成させる列車を選べない人がいるんだそうです。前者は「えきねっと」を便利に使えるけれど、後者は「自分の希望がどういう列車なら叶うのか、そもそも列車で叶うのか(運賃または時間面)すらわからない」ため、窓口でコンサルティングを受けながらでないとチケットが買えないんだそうです。

たぶんこれは指定席自動券売機にも言えるんだと思います。自分にとっては指定席券売機は結構便利なツールなのですが、それはあらかじめ時刻表で調べて、目的を決めて使っているからです。窓口閉鎖(最近結構多い。山手線の鶯谷なども券売機しかない)の駅であの券売機を前に四苦八苦している人も多いように見受けます。さらに指定席券売機のややこしいのは3台のうちの一台はクレジット専用だとか、制約がいろいろと付いていることだと思います。

列車の運転見合わせ時の駅員の対応もそうかもしれません。駅員に運転再開見通しを聞く場合でも、どこをどう迂回すれば目的地まで行けるかわかっている人は、迂回経路が振り替え輸送扱い適用かどうかを聞いたりするんだと思いますが、わからない人は経路そのものを駅員に聞いたりします。でも今の駅員はJRも含めて、子会社に委託されていたり、社歴の浅い契約社員だったりアルバイトだったりするケースもあって、そういう個別の難しいケースにはこたえられません。JR西日本はそういう駅案内業務のプロも必要だと考えて、大阪駅にだけはベテランを配置しているそうですが、それ以外はきくだけ無駄だと自分は思っています。さらにナビゲーションアプリも公式情報から案内するだけなので、自分から見たら全く役に立ちません。

「わかりやすくする」「使いやすくする」とは、どういう人に向かってどのようにわかりやすく、使いやすくするのか。

これがどの鉄道も未整理で、混乱しているという気がしてなりません。

| | コメント (0)

2018/09/12

行きも帰りも

忘れ物がすさまじいです。

朝、せっかく時間のない中作ったお弁当を忘れてリワークに行き、リワークでは眼鏡をはずしたまま置いて帰ってきてしまいました。

目についたものに気が向いてしまい、今までしていたことを次々と忘れていく「片づけられない人」に似ています。似ているけれど違うのは時間に追われていなければ、あるいは枠が決まっていればこんなにやたらと忘れないということでしょうか。

能力に比して興味が広がりすぎるのかもしれません。

| | コメント (0)

2018/09/11

履歴書送付

きょうは一件とある会社へ履歴書を送りました。

王子の担当になってからの就活は書類段階ではねられています。希望地を渋谷にしていることがネックなのかなあと思ったりもしましたが…というのも家賃がべらぼうに高いのと、ITという概念を飛び越えた会社が多いことで、そんな第一線で活躍する人の多いところで障がい者雇用するかな?と疑問が湧き出しているのです。めっちゃめちゃ能力のある身体障がい者(自分はあまり気が合わなそうだけど五体不満足の乙武さんみたいにわかりやすくて戦力になる人)しか欲しくないんじゃないかという気がします。

それが杞憂だといいのですが。

| | コメント (0)

2018/09/07

できそうなこと

10月といえば、北海道フェアを催事場で企画している小売店が多いと思いますが、この地震と停電でかなり影響が出るかもしれませんね。

これだけ災害続きの中、自分ができることはと考えても、自分自身の自立した生活の再建で手一杯という感じです。でも、災害地の産品を買ったり旅行に行ったりして経済をまわすことは意識しないといけないかなと思っています。というのも引き続く災害で、経済的ダメージが地域の暮らしに大きく影響するということを学んできたからでしょうか。

風評被害という言葉が自分は好きではないのですが、事実は事実として受け止めて、それでも買うような姿勢でいたいと思っています。自分なんか支出額は知れていますが、基本的に安全性は担保されているはずだし、万一そうでないことがあったとしても、災害地以外の食品でも、実はあれこれ偽装されていたなんてことはしょっちゅうあって、そんなことを考慮すれば心配しても仕方ない事のように感じるのです。

特に北海道は食糧供給基地の側面があって、JR貨物の北海道発のコンテナの中身は食品のウエイトが高いと聞きます。これは船便も航空貨物も同様だと思います。

信じる。これくらいしか自分にできそうなことはないかな。

| | コメント (0)

2018/09/05

睡眠

相変わらず手一杯で、なかなか行き届かないふがいなさを感じています。

昨日は台風で、関東でも雨風が強かった(東川口では浸水したところもあるようです)ため、早帰りしてきました。といっても8時過ぎですが。埼京線が快速運転を中止したり、中央線快速が運転見合わせになったりしていたので早く帰れてよかったです。その割にうちでの作業は進まなかったのですが、よく眠れて休めたようです。

毎晩よく寝ているように思っていましたが、案外睡眠が浅いのかもしれません。

関西は地震に次いで、今回は高潮被害が深刻なようで、胸が痛みます。

| | コメント (0)

2018/09/03

棚からぼたもち?

中央省庁や都道府県が障がい者雇用率を水増ししていた問題。

何かで読んだのですが、あれを新規採用で満たそうとすると3000人くらいになるとか。3000人の障がい者を雇うってすさまじく大変なことだと思います。民間から引き抜かないと無理でしょう。

だれでもいいならともかく、民間の進んでいるところは相当ノウハウを積み重ねています。ANAなんかは十条のスワンベーカリーと合弁の会社を作ってうけいれているし、聖路加国際大学など学校法人系は自前で雇うのをあきらめて障がい者を雇って仕事を与える専門の企業を使って、学校法人とは直接関係ないような仕事を与えてるようです。ハローワークに求人票が出ていました。

役所が3000人も新規採用して民間から引き抜くって、考えてみれば自分は他人ごとではなく正規の仕事を探している身としてはチャンスなのかもしれませんねえ、毎日手一杯であまり考えるゆとりが何ですが・・・。

| | コメント (0)

2018/09/02

手直ししたいけど

ここのところ、ブログのサイドバーの整理をしたいと思っているのですが、なかなか時間がありません。貼り付けてるリンク先が切れているケースも散見するし、関心のある本もだいぶ変わってきました。あらたにご紹介したいところもあり、メンテナンスが必須の状況です。

でもこの週末はお弁当の仕事が入っていたこともあり、うちの掃除もできませんでした。手直しは今度の連休くらいまでかかりそうです。

| | コメント (0)

2018/08/30

向き不向き

きょうの集団カウンセリングはものごとを逆さまにとらえる練習をしました。山の反対は?と聞かれると出てきやすいのは海。でも頭の柔らかい人なら「マヤ」って答える。自分の短所と長所は表裏一体、その裏表ももっと柔らかく考えようというものです。

その練習をしていて、「いい悪いではなく、合わない」人がいることに気づきました。

前々から感じてはいたのですが、自分も相手も磁石のように反発するタイプの人がいます。例えば「自分の住んでいるのは何もないところです」と言い切れちゃう人は自分は苦手。「何もないわけないでしょ、あなたが住めるようになるまでどれだけの歴史がその土地にあるか、家もあるし緑もあるしありすぎるくらいでしょ」と思ってしまいます。


おそらくですが、何もないという人は「特徴が何もない」と言っているのだと思います。「ない」というか「つかみにくい」ということ。これは物まね芸人さんや絵描きさんのように特徴をデフォルメして伝えるのが得意なタイプだと思います。コロッケさんとかには自分、いくら修行してもなれない。いろいろ細部を拾いすぎてしまうのです。

逆に自分はやっぱり複数の人と関係を取り結ぶようなことが向いているのでは。即興芝居で相手の役者がぐ~を出したら瞬間的にパーを出す、相手がパーを出したらチョキを出す。押したり引いたりしながら相手の全体を感じて自分も変化していくような芸事が向いているような気がします。

これはホントどちらが優れていてどちらが劣っているというものではなく、いわばタイプの違い。それを認め合いつつ、相性としては全然ダメなので、適度に距離を取るのが賢いのだろうなと思いました。なんでもぶつかれば良いってものではないですね。

| | コメント (0)

2018/08/29

猛勉強

きょうは仕事で両方とも失敗があり、至らない点を究明すべく仕事場の休憩室で1時間半、その後も場所を移して1時間くらいいろいろと考えていました。

ふと気づくと22時近く。バスは終バスに近くなるのでさすがに帰ろうと思ったら、駅前に小学生高学年と思しき子たちがたくさんいて驚きました。なんと塾帰りです。

土曜日の日中にそこでコーヒーを飲んでいると、親御さんと子供さんが何組も入ってきて受験の話をしているのは気が付いていました。目指している学校はみんな偏差値70くらいのところばっかりみたい。

それを見たらますます頭がぐるぐるしてきてしまいました。

子どもがあれだけ勉強しているんだから大人だって・・・ってのは脱線かな・・・。眠れなくなりそう。

| | コメント (0)

2018/08/28

反射的

最近は23区のでこぼこがかなりよくわかってきたので、「世田谷で110ミリの大雨」と聞いた時、瞬時に「ほとんどの水が目黒川へ行くだろうと思いました。

案の定目黒川に氾濫危険情報が出ましたね。

大宮でもひょうが降るほどの雷だったそうなので、芝川もかなり水位が上がったかもしれません。

| | コメント (0)

2018/08/26

あいまい

役所で障がい者雇用の算定率を水増ししていた問題は、相当ひどいと思います。民間には達しないと罰金まで科しているのに適当…。埼玉県庁も対象なのかどうかあいまいなまま雇用率に算定していたそうです。

そもそも障がい者とは何なのかの定義があいまいな印象です。車いすに乗っていたりするなど目に見えるハンディキャップはわかりやすいけれど、そうでない人の何がハンディキャップなのか。

例えばベビーカー。エレベーターを使わなければ電車の発着するホームに行けないというのはハンディじゃないのか?ベビーカーを使う権利は当然にあって、別にハンディじゃないなら車いすだってそうじゃないの?

実は最近、障害年金の地域による認定ギャップがあって、認定されやすい地区とそうでない地区があることが話題になりました。これには役所はすぐ飛びつきました。判定の厳しい認定医の水準に合わせたわけです。支給額を減らすために。

たぶんどこまでが対象でどこまでが対象でないかの判断基準は、障がい者に限らずあいまいなんだと思う。というのはすべてグラデーションで、お金がかかわる以上、どこかで切るしかない。役所はそれがわかっているからこそ、今回の件も都合よくあいまいに「解釈」したんだろうなあ、と思います。

| | コメント (0)

2018/08/23

遠回しに

今晩は寝つきが悪く、困っています。

今日というか日にちが変わりましたが、診察がありました。夏休みがあったので3週間ぶり。三週間前の診察でも院長先生から少し怒られ、先週のタイピングの仕事でめちゃくちゃ怒られました。肝っ玉が小さいと「今日はどうなることか」とハラハラしながら診察を受けに行くところでしょう。でも、腹を据えていきました。仕事で怒られた感想も話しましたが、巧妙にお弁当屋さんで怒られた話にくるんで、なんとなくはわかるけれど、「タイピングで」とは言わないようにしました。

すると主治医の院長先生も風呂敷にくるんだような言い方で(ただしハキハキはしてます)、「頭で分かっていても一生懸命やろうとしてもできないこともある。正直だれにも失敗はあるからそれを反省しすぎて感情に引きずられたりしちゃいけませんよ」とのこと。

「タイピング」とは一言も言っていませんが、まあ「大丈夫なんだな」という感触をもらえてホッとしました。

| | コメント (0)

2018/08/21

またやっちゃった。

先週の夏休み明けの木曜日のこと。

9時を過ぎると山手線の一部では結構座れるようになります。自分はその日もリュックを網棚に上げ、座っていきました。

座れると手帳を開いて今日の予定やタスクを確認したり、起床時刻や前日の動きなどをメモしたりします。その間、上に注意を払うのが自分にとってのお約束なのです。

でも16日は確認することが多すぎました。ふと頭をあげると渋谷駅。降りなきゃと、慌てて降りて、改札を出て、2分くらい歩いて気づきました。「なんか肩が軽いな」・・・。

山手線のことなので、結局駅に戻り、一時間後にぐるっと一回りしてきた電車の網棚からリュックを回収しましたとさ・・・。

昨年湘南新宿ラインでかばんをわすれた時は逗子まで取りに行きました。荷物もタスクも多すぎるようです。

| | コメント (0)

2018/08/20

大事なのは瞬発力

お弁当屋さんもクリニックのタイピングのフォローの仕事も、始まる前に打ち合わせが全くありません。

お弁当は朝から入る人とは多少シェアリングもあるようですが、社員は3人であとは常勤非常勤合わせて30人近くのメンバーがいてくる時間がまちまちなので、共通認識を皆が持つのは至難の業です。社員、特に店長のコミュニケーション能力がものを言います。


よく考えれば、自分がチーフをしていた時代も、そこまでではないものの20人は部下がいました。そのコミュニケーションの生命線が「連絡ノート」。当たり前ですが、お弁当屋さんはあまり細かく書いていないし、双方向ではなく社員からの連絡にとどまる点が違います。

そしてタイピングのほうは、引き継ぎノートすらないので、だれがいつ来るのか、必要なものは何なのかはほとんど不明。それぞれの頭の中の情報をもとに、当日いつも体当たりです。「げっ」と思うようなことが連日起こります。
そのため終了後の振り返りが欠かせませんが、これも個人的にやるしかない情勢です。

これだから平日大変なのかもしれません。

| | コメント (0)

«お化けより怖い